電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ニューロコンピューティング研究会(NC) [schedule] [select]
専門委員長 五味 裕章
副委員長 阪口 豊
幹事 池田 和司, 和久屋 寛
幹事補佐 鮫島 和行, 鹿毛 裕史

日時 2007年 6月14日(木) 09:30 - 12:10
2007年 6月15日(金) 09:00 - 15:15
議題 機械学習によるバイオデータマインニング,一般 
会場名 OIST Seaside House 
住所 〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村字恩納7542(旧白雲荘)
交通案内 那覇空港より120番名護西空港線にて約120分、「白雲荘(はくうんそう)前」で降車。徒歩すぐ。料金は1,260円です。
http://www.irp.oist.jp/nc/nc-bio2007/index.html
会場世話人
連絡先
吉本潤一郎
098-921-3843
他の共催 ◆日本神経回路学会;IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter共催

6月14日(木) 午前  機械学習によるバイオデータマインニング
09:30 - 12:10
(1) 09:30-09:55 環境状況分類における脳波特徴抽出システム 村上純子横松恵理子伊藤伸一満倉靖恵東京農工大)・曹 建庭埼玉工大)・福見 稔徳島大
(2) 09:55-10:20 ニューラルネットワークを用いた音楽聴取時の脳波解析 小川宜洋スティーヴン カルンガル徳島大)・満倉靖恵東京農工大)・福見 稔赤松則男徳島大
(3) 10:20-10:45 聴覚系における寸法-形状情報抽出の計算理論と脳内部位の検討 入野俊夫和歌山大/統計数理研)・大屋義和河原英紀和歌山大)・ロイ パターソンケンブリッジ大
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
(4) 10:55-11:20 LIFモデルにおける高次の発火エルゴード性 藤原寛太郎東大)・合原一幸東大/JST
(5) 11:20-11:45 ラット海馬CA1錐体細胞における異シナプス連合性LTPの樹状突起膜電位の光計測 米山 誠福島康弘塚田 稔玉川大
(6) 11:45-12:10 最近傍分類器の分類誤差を用いた遺伝子グループの有意性検定に関する一考察 竹内一郎林 真太郎三重大)・勝呂 幸瀬戸加大愛知県がんセンター
  - 昼食後に引き続き、情報処理学会バイオ情報学研究会が主催する企画セッション「機械学習によるバイオデータマインニング」が開催されます。NC研究会とバイオ情報学研究会の合同企画セッションです。奮ってご参加ください。
6月15日(金) 午前  一般
09:00 - 15:15
(7) 09:00-09:25 エピソードタスクにおける方策オフ型 LSTD(λ) 法とその収束性 森 健前田新一石井 信奈良先端大
(8) 09:25-09:50 内部状態を用いた強化学習によるマルチエージェント系における協調行動の獲得 谷口雄基森 健石井 信奈良先端大
(9) 09:50-10:15 Mixture of RNN experts によるルールダイナミクスの学習 並川 淳谷 淳理研
  10:15-10:25 休憩 ( 10分 )
(10) 10:25-10:50 印刷技術における逆ハーフトーン処理への統計力学的手法の応用 雑賀洋平和歌山高専)・井上純一北大
(11) 10:50-11:15 Gabor Waveletsの方位選択性とARTネットワークを用いた表情変化の表現 間所洋和佐藤和人石井雅樹秋田県産技総研センター
(12) 11:15-11:40 顔画像を用いた見た目年齢解析法 深井寛修満倉靖恵東京農工大)・滝本裕則佐世保高専)・福見 稔徳島大
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
(13) 13:00-13:25 ニューラルネットワークによる数独の解法 大谷哲広松田 聖日大
(14) 13:25-13:50 2値乱数による神経回路網の学習とベイズ判別関数学習への応用 伊藤嘉房愛知学院大)・キダンビ スリニヴァサンケンタッキー大)・泉 寛幸愛知学院大
(15) 13:50-14:15 パターン認識における追加学習法 尾山匡浩Stephen Karungaru柘植 覚徳島大)・満倉靖恵東京農工大)・福見 稔徳島大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(16) 14:25-14:50 Verification Test on The Effectiveness of Evolutionary Particle Swarm Optimization Hong ZhangMasumi IshikawaKyushu Inst. of Tech.
(17) 14:50-15:15 分散表現による情報分離の自己組織モデル 木村隆一倉田耕治琉球大

問合先と今後の予定
NC ニューロコンピューティング研究会(NC)   [今後の予定はこちら]
問合先 青西 亨(東工大)aonishi at dis.titech.ac.jp 


Last modified: 2007-04-20 17:04:49


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会