電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) [schedule] [select]
専門委員長 那須川 哲哉 (日本IBM)
副委員長 山本 和英 (長岡技科大), 増市 博 (富士ゼロックス)
幹事 竹内 孔一 (岡山大), 柳原 正 (トヨタIT開発センター)
幹事補佐 西崎 博光 (山梨大), 金山 博 (日本IBM)

日時 2012年 2月 2日(木) 12:55 - 16:45
2012年 2月 3日(金) 09:15 - 16:40
議題 第3回 集合知シンポジウム 
会場名 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター) 
住所 新潟市中央区万代島6番1号
交通案内 JR新潟駅からバス15分
http://www.tokimesse.com/
会場世話人
連絡先
集合知シンポジウム担当(山本、金山、竹内)
NLC2012jnlp
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

2月2日(木) 午後  セッション1
12:55 - 14:10
(1) 12:55-13:05 開会あいさつ
(2) 13:05-13:30 情景写真へのテキスト書き込みを伴うインタビューによる行動知抽出法 森 泰介大澤幸生東大
(3) 13:30-13:55 日本語版Wikipediaにおける執筆者の意図に着目した日中間の文化差検出手法の検討 吉野 孝和歌山大)・宮部真衣東大
(4) 13:55-14:10 フリーディスカッション
  14:10-14:25 休憩 ( 15分 )
2月2日(木) 午後  招待講演1
14:25 - 15:25
(5) 14:25-15:25 [招待講演]マイクロブログマイニングの現在 奥村 学東工大
  15:25-15:35 休憩 ( 10分 )
2月2日(木) 午後  特別セッション
15:35 - 16:45
(6) 15:35-16:45 チュートリアル&ディスカッション: 集合知言語処理の研究動向
2月3日(金) 午前  セッション2
09:15 - 10:45
(7) 09:15-09:40 物語生成システムのための名詞/動詞概念辞書の構築と応用 大石顕祐小方 孝岩手県立大
(8) 09:40-10:05 ソーシャルメディア「Twitter」を利用した音声データ収集の試み 嶋田浩希西崎博光関口芳廣山梨大
(9) 10:05-10:30 フォロー類似度によるTwitter高次数ユーザの関係分析 小出明弘斉藤和巳静岡県立大)・鳥海不二夫名大)・風間一洋NTT
(10) 10:30-10:45 フリーディスカッション
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
2月3日(金) 午前  招待講演2
11:00 - 12:00
(11) 11:00-12:00 [招待講演]ソーシャルゲームを実現するためのプラットフォーム ~ 10億人が夢中になるゲームを作り続けるための手法 ~ 松倉友樹田中秀樹藤本真樹グリー
  12:00-13:15 昼食 ( 75分 )
2月3日(金) 午後  セッション3
13:15 - 14:45
(12) 13:15-13:40 評価表現と文脈一貫性を利用した教師データ自動獲得によるクレーム文検知 梅澤佑介乾 孝司山本幹雄筑波大
(13) 13:40-14:05 Q&Aサイトで繰り返し一緒に回答を投稿するユーザ間での投稿順序の偏りの調査 梅本顕嗣石川尚季西村 涼渡辺靖彦岡田至弘龍谷大
(14) 14:05-14:30 Webデータを用いた多言語用例対訳候補の抽出手法の検討 福島 拓吉野 孝和歌山大
(15) 14:30-14:45 フリーディスカッション
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
2月3日(金) 午後  セッション4
15:00 - 16:40
(16) 15:00-15:25 概念体系における移動と制約に基づく単一事象及びシナリオ生成 張 一可小野淳平小方 孝岩手県立大
(17) 15:25-15:50 プロップ理論に基づくストーリーグラマーによるトップダウン/ボトムアップストーリー生成 今渕祥平小方 孝岩手県立大
(18) 15:50-16:15 状態‐事象変換に基づくストーリー生成機構 小野寺 康小方 孝岩手県立大
(19) 16:15-16:30 フリーディスカッション
(20) 16:30-16:40 閉会あいさつ

その他(原稿あり)
GMAISによる日本語ビジネス教育の教授法 (講演なし) 沢 恒雄遊工学研

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NLC 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC)   [今後の予定はこちら]
問合先 Twitterハッシュタグ: #signlc 


Last modified: 2012-02-01 11:13:59


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLC研究会 / 次のNLC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会