電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 森井 昌克
副委員長 松井 充, 太田 和夫
幹事 土井 洋, 盛合 志帆
幹事補佐 白石 善明

技術と社会・倫理研究会(SITE) [schedule] [select]
専門委員長 木下 宏揚
副委員長 鶴原 稔也, 稲葉 宏幸
幹事 雨宮 俊一, 小川 賢
幹事補佐 木村 映善

コンピュータセキュリティ研究会(IPSJ-CSEC) [schedule] [select]

日時 2006年 7月20日(木) 09:05 - 17:50
2006年 7月21日(金) 09:30 - 17:25
議題 一般.情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛 
会場名 岡山大学大学院 自然科学研究科棟(津島キャンパス) 
住所 〒700-8530 岡山市津島中 3-1-1
交通案内 交通案内 http://www.okayama-u.ac.jp/jp/access.html#tsushima, キャンパス図 http://www.okayama-u.ac.jp/jp/tsushima_j.html
会場世話人
連絡先
田端利宏
086-251-8188
他の共催 ◆情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会(ICSS)協賛
お知らせ ◎第1日目の研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
◎7/20午後 会場B前半セッションの講演時間が一部変更されております.

7月20日(木) 午前  会場A
09:30 - 11:35
(1) 09:30-09:55 Optimal Normal Basis を経由する同型な拡大体間の基底変換行列の構成法 難波 諒野上保之森川良孝岡山大
(2) 09:55-10:20 Type-II All One Polynomial Field上での平方根導出アルゴリズムの高速実装 加藤英洋岡山大)・王 鳳野上保之森川良孝岡山大
(3) 10:20-10:45 All One Polynomial Field を用いたMNT曲線に対する Pairing 計算の実装 赤根正剛沖本卓求弥野上保之森川良孝岡山大
(4) 10:45-11:10 Tateペアリングの効率的な計算方法 白勢政明高木 剛公立はこだて未来大)・岡本栄司筑波大
(5) 11:10-11:35 素因数分解ハードウェアの現状(関係式探索ステップ編) 〜 2006年夏 〜 伊豆哲也富士通)・國廣 昇電通大)・下山武司富士通
7月20日(木) 午前  会場B
09:05 - 12:00
(6) 09:05-09:30 Relationism-Firstの規範の基づくハイテク汚染への一提言 〜 VDT電磁環境での一原理実験と基礎理論 〜 藤田幸史尾道大)・太田光雄広島大名誉教授
(7) 09:30-09:55 情報フィルタと情報カプセルによる著作権・所有権保護システム 山田孔太木下宏揚神奈川大)・森住哲也東洋ネットワークシステムズ
(8) 09:55-10:20 セキュリティとプライバシのバランス 〜 EUのデータ保持指令をめぐる議論 〜 石崎靖敏中大
(9) 10:20-10:45 環境の変化に対応した動的なリスク分析の検討 川西英明加藤弘一高橋達明ラミレス カセレス ギジェルモ オラシオ勅使河原可海創価大
(10) 10:45-11:10 ネットオークションに出品したPCのデータ消去状況の調査・分析 佐藤さつき芦野佑樹東京電機大)・上原哲太郎京大)・佐々木良一東京電機大
(11) 11:10-11:35 子どもの保護を目的としたインターネット利用監視支援システムの開発 上田達巳高井昌彰北大
(12) 11:35-12:00 科学リテラシーの低下現象とその諸問題への文理両修の立場からの一試案(口頭発表) 下村 武
7月20日(木) 午後  会場A
13:00 - 17:50
(13) 13:00-13:25 Secure Exponentiation with High Flexibility Camille VuillaumeKatsuyuki OkeyaHitachi
(14) 13:25-13:50 コプロセッサの2倍のビット長をもつモンゴメリ乗算 吉野雅之桶屋勝幸ヴィオム カミーユ日立
(15) 13:50-14:15 表参照を用いた有限体乗算アルゴリズムの高速化 羽田間洋一中村大輔神戸大)・廣友雅徳ひょうご情報教育機構)・森井昌克神戸大
(16) 14:15-14:40 Maurer法をベースとした確定的素数判定によるSafe Prime生成法とその高速化 熊給英洋丹羽朗人東芝ソリューション
(17) 14:40-15:05 効率的なグループ署名を実現する楕円曲線の構成方法 久保寺範和古川 潤佐古和恵NEC
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
(18) 15:20-15:45 対話証明のバッチ実行 山本 剛千田浩司NTT
(19) 15:45-16:10 バッチ処理による秘匿回路計算の高速化 千田浩司山本 剛NTT
(20) 16:10-16:35 MD5の衝突条件の検証 仲野有登桑門秀典森井昌克神戸大
(21) 16:35-17:00 Pyに対する鍵回復攻撃の実現について 五十部孝典大東俊博桑門秀典森井昌克神戸大
(22) 17:00-17:25 RC6のカイ二乗攻撃における安全性の再評価 和田崇臣宮地充子北陸先端大)・樋上智彦オムロン
(23) 17:25-17:50 順序解法を原方式に持つ線形持駒方式の安全性に関する一考察 伊藤大介福島啓友金子敏信東京理科大
7月20日(木) 午後  会場B
13:00 - 17:50
(24) 13:00-13:25 IPトレースバック相互接続における秘匿性を考慮したパケット通過確認方式 中野誠司桑門秀典森井昌克神戸大
(25) 13:25-13:50 SSLで暗号化されたWeb通信に対する侵入検知 山田 明三宅 優竹森敬祐KDDI研
(26) 13:50-14:15 ホームネットワークアクセスのための動的なVPN構成を実現するDHTベースのVPNホスティング基盤 窪田 歩山田 明三宅 優KDDI研
(27) 14:15-14:40 スタック探索の簡略化による異常検知システムの高速化 鈴木勝博筑波大)・阿部洋丈JST)・加藤和彦筑波大)・金野 晃池部優佳中山雄大竹下 敦NTTドコモ
  14:40-15:20 休憩 ( 40分 )
(28) 15:20-15:45 BOTNETからのスパムメールに対する応答遅延方式の提案 関山智也小林義徳東京電機大)・高橋正和インターネットセキュリティシステムズ)・佐々木良一東京電機大
(29) 15:45-16:10 レスポンスタイムによるボット検知手法に関する検討(口頭発表) 星澤裕二山村元昭セキュアブレイン
(30) 16:10-16:35 機器設定統合分析システムにおける対処案生成方式 岡城純孝松田勝志NEC
(31) 16:35-17:00 不干渉性の強制について 永藤直行渡部卓雄東工大
(32) 17:00-17:25 NXbitを回避するバッファオーバーフロー攻撃の防止手法 品川高廣東京農工大
(33) 17:25-17:50 トラステッド・コンピューティングによるHTTP-FUSE KNOPPIXクライアントのセキュリティ強化 中村めぐみ宗藤誠治日本IBM)・須崎有康飯島賢吾八木豊志樹大澤一郎産総研
7月21日(金) 午前  会場A
09:30 - 12:00
(34) 09:30-09:55 ランプ型秘密分散法の中間的な情報漏洩に関する二,三の考察 廣田啓一NTT)・茂木一男NTTコミュニケーションズ
(35) 09:55-10:20 二つの状態を用いたしきい値量子秘密分散法 岡田 健桑門秀典森井昌克神戸大
(36) 10:20-10:45 巡回セールスマン問題とトリボナッチ数列 小林邦勝国分清一郎山形大
(37) 10:45-11:10 限定並行ブラックボックス零知識証明のラウンド数下界 村谷博文東芝
(38) 11:10-11:35 プライバシーを保護した内積比較プロトコルの提案 佐久間 淳小林重信東工大
(39) 11:35-12:00 内積比較プロトコルに基づく分散巡回セールスマン問題のセキュアな最適化 佐久間 淳小林重信東工大
7月21日(金) 午前  会場B
09:30 - 12:00
(40) 09:30-09:55 情報セキュリティの標準化動向について 〜 ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2006年5月マドリッド会議報告 〜 宮地充子北陸先端大)・近澤 武三菱電機/情報処理推進機構)・竜田敏男情報セキュリティ大)・大塚 玲情報処理推進機構/産総研)・安田 幹NTT)・森 健吾NEC)・才所敏明東芝
(41) 09:55-10:20 金融取引におけるPIN認証のセキュリティ要件について 田村裕子日本銀行)・宇根正志日本銀行/産総研
(42) 10:20-10:45 コンピュータウイルスに対する疫学的アプローチの提案と評価 佐々木良一東京電機大
(43) 10:45-11:10 インターネットの分散観測による不正侵入者の探索活動のマクロ・ミクロ解析 福野直弥小堀智弘菊池浩明東海大)・寺田真敏日立)・土居範久中大
(44) 11:10-11:35 紙文書に対するセキュリティ技術の考察 海老澤 竜藤井康広高橋由泰手塚 悟日立
(45) 11:35-12:00 インシデント分析センタnicterの可視化技術 中尾康二・○松本文子井上大介NICT)・馬場俊輔鈴木和也横河電機)・衛藤将史吉岡克成力武健次NICT)・堀 良彰九大
7月21日(金) 午後  会場A
13:00 - 17:25
(46) 13:00-13:25 より強力な不正者に対する効率的なブラックボックス追跡のための階層的な鍵割り当て 松下達之東芝)・今井秀樹中大/産総研
(47) 13:25-13:50 電子マネーの取引を利用した電子指紋プロトコル 山根進也栗林 稔森井昌克神戸大
(48) 13:50-14:15 An Efficient Anonymous Password-Authenticated Key Exchange Protocol SeongHan ShinKazukuni KobaraAIST)・Hideki ImaiAIST/Chuo Univ.
(49) 14:15-14:40 Password-Authenticated Key Exchange for Multi-Party with Different Passwords Using a Constant Number of Rounds Jeong Ok KwonKorea Univ./Kyushu Univ.)・Kouichi SakuraiKyushu Univ.)・Dong Hoon LeeKorea Univ.
(50) 14:40-15:05 Distributed Privacy-preserving Document Clustering Chunhua SuKyushu Univ.)・Jianying ZhouFeng BaoInst. for Infocomm Research, Singapore)・Kouichi SakuraiKyushu Univ.
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
(51) 15:20-15:45 Key-Management Scheme for Secure Multicast based on Network Topology Kazuhide FukushimaShinsaku KiyomotoToshiaki TanakaKDDI R&D Lab.)・Kouichi SakuraiKyushu Univ.
(52) 15:45-16:10 Merkle Hash TreeとIDAを利用したストリーミング認証方式の提案と評価 新崎裕隆荻野 剛上田真太郎重野 寛慶大
(53) 16:10-16:35 プライバシを保護した授業評価アンケートの実装 谷川浩司中西 透舩曵信生岡山大
(54) 16:35-17:00 告発文書から告発者の発覚を防ぐ公益通報者保護技術の提案 多田真崇高塚光幸増渕孝延佐々木良一東京電機大
(55) 17:00-17:25 多重暗号化と確率的動作選択に基づく匿名通信方式:3MN 三宅直貴伊藤義道馬場口 登阪大
7月21日(金) 午後  会場B
13:00 - 17:25
(56) 13:00-13:25 文書画像への透かし埋込みにおける背景部分の代替表現方法 橋本隆志前野蔵人保田浩之OKI
(57) 13:25-13:50 生体反射型認証:対光反射と盲点位置を利用した認証方式(その2) 小澤雄司荒井大輔西垣正勝静岡大
(58) 13:50-14:15 画像記憶のスキーマを利用した認証方式の拡張 〜 手掛かりつき再認方式 〜 山本 匠原田篤史漁田武雄西垣正勝静岡大
(59) 14:15-14:40 キーストロークデータを対象としたコンテクスト抽出手法の提案 石川宗寿筑波大)・岡 瑞起筑波大/学振)・加藤和彦筑波大
(60) 14:40-15:05 情報埋込機能付データ圧縮ツールIH-ZIPの開発 吉岡克成薗田光太郎滝澤 修中尾康二NICT)・松本 勉横浜国大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
(61) 15:20-15:45 画像マッチングに基づく生体認証に適用可能なキャンセラブルバイオメトリクスの提案 比良田真史高橋健太三村昌弘日立
(62) 15:45-16:10 IDベース暗号、バイオメトリック認証における失効問題についての比較 泉 昭年九大)・上繁義史九州システム情報技研)・櫻井幸一九大/九州システム情報技研
(63) 16:10-16:35 機器認証DRMシステムの設計 深谷博美パステル)・櫻井幸一九大
(64) 16:35-17:00 耐タンパ性を備えたユニークデバイスに基づく暗号認証基盤の検討 今本健二九大)・櫻井幸一九大/九州システム情報技研
(65) 17:00-17:25 Interactive Textured Cube Based Network Traffic Visualization for Network Monitoring and Security Erwan Le MalecotInst. of Sys., Inf. Tech. and nanotech.)・Masayoshi KoharaYoshiaki HoriKouichi SakuraiKyushu Univ.

問合先と今後の予定
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 白石善明(名古屋工業大学)
TEL 052-735-7240, FAX 052-744-1355
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
SITE 技術と社会・倫理研究会(SITE)   [今後の予定はこちら]
問合先  
IPSJ-CSEC コンピュータセキュリティ研究会(IPSJ-CSEC)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2006-07-15 15:43:33


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [SITE研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-CSEC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会