電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 佐野 雅己
副委員長 引原 隆士
幹事 矢内 浩文, 小西 啓治
幹事補佐 片山 統裕, 薄 良彦

日時 2006年 3月20日(月) 10:20 - 17:25
2006年 3月21日(火) 10:00 - 14:40
議題 一般 
会場名 法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26F 
住所 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
交通案内 会場(法政大学ボアソナードタワー26F)へはJR市ヶ谷他多数のアクセスがあります
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campusmap/ichigaya2.html
会場世話人
連絡先
法政大学 工学部 情報電気電子工学科 斎藤利通
042-387-6191
お知らせ ◎3/20の17:45ごろから夜景が綺麗な食堂で懇親会を開催します。是非ご参加ください。
◎朝の発表会場への入室は10:00以降でお願いいたします。

3月20日(月)  
10:20 - 17:25
(1) 10:20-10:45 完全差動マルチスクロール回路 黒木達也堀尾喜彦東京電機大)・合原一幸東大/JST
(2) 10:45-11:10 三角波しきい値を有する弛張発振器について 本田久斉赤津智史鳥飼弘幸斎藤利通法政大
(3) 11:10-11:35 Differences on rhythmic activities of Class I and Class II neural networks Ryosuke HosakaTohru IkeguchiSaitama Univ.
(4) 11:35-12:00 カオスニューロダイナミクスを用いた時間枠制約付き配送計画問題の解法 星野 聖木村貴幸池口 徹埼玉大
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(5) 13:00-13:25 遅延フィードバック制御された強制ダフィン系に現れるカオス的過渡状態の非線形制御 小柳慎一郎河辺哲次九大
(6) 13:25-13:50 系のエネルギーに着目したチュックコンバータのデューティ比制御と過渡応答 村上勇蔵引原隆士京大
(7) 13:50-14:15 Ring of van der Pol Oscillators Coupled by Time-Varying Resitor Yoko UwateYoshifumi NishioTokushima Univ.
(8) 14:15-14:40 バイナリニューラルネットのGA学習法の問題依存性に関する検討 平根達也中野秀洋宮内 新武蔵工大
(9) 14:40-15:05 バイナリニューラルネットワークのGA学習法に適した専用プロセッサの開発 高橋章郎平根達也中野秀洋宮内 新武蔵工大
  15:05-15:20 休憩 ( 15分 )
(10) 15:20-15:45 二層近傍タブーサーチによるO-Tree構造を用いたフロアプラン問題の解法 沼山公彦静岡大)・二宮 洋湘南工科大)・浅井秀樹静岡大
(11) 15:45-16:10 ARTで並列化されたSOMとその応用 押目哲成江原武史齋藤利通鳥飼弘幸法政大
(12) 16:10-16:35 CHAOSOM and its Application to Traveling Salesman Problem Haruna MatsushitaYoshifumi NishioTokushima Univ.
(13) 16:35-17:00 カオス力学系としてのネットワーク 宮崎修次長島 靖江島 啓京大
(14) 17:00-17:25 Surrogate analysis of packet routing methods Takayuki KimuraTohru IkeguchiSaitama Univ.
3月21日(火)  
10:00 - 14:40
(15) 10:00-10:25 周期パルスの印加されたRLC回路のカオス発生メカニズムについて 平嶋康伯松岡祐介斎藤利通法政大
(16) 10:25-10:50 パルス結合されたデジタルスパイクニューロンの様々な同期現象 加部孝洋鳥飼弘幸斎藤利通法政大
(17) 10:50-11:15 状態空間の自律的構成による強化学習の高速化 大島郁郎中野秀洋宮内 新武蔵工大
(18) 11:15-11:40 マッチトラッキングの制御によるファジィARTMAPの性能向上 野村健太郎神尾武司藤坂尚登生岩量久広島市大
(19) 11:40-12:05 リカレンスプロットを用いた強化学習における学習進度の評価. 高橋哲也安達雅春東京電機大
  12:05-13:00 昼食 ( 55分 )
(20) 13:00-13:25 絶対値誤差を最小とするテンソル積と定常雑音の推定 板井陽俊安川 博愛知県立大)・内匠 逸名工大)・畑 雅恭中部大
(21) 13:25-13:50 時系列からの中性点反転現象モデルの非線形項の次数推定 小笠原一浩高橋信行公立はこだて未来大
(22) 13:50-14:15 Relation Between Prediction Accuracy of Nonlinear Modeling and Nonlinearity of Time Series Daisuke HarakiSaitama Univ.)・Tomoya SuzukiTokyo Denki Univ.)・Tohru IkeguchiSaitama Univ.
(23) 14:15-14:40 カオスニューロダイナミクスを用いたDNA塩基配列からのモチーフ抽出における不応性の効果 松浦隆文池口 徹埼玉大

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 小西啓治(公立はこだて未来大学システム情報科学部複雑系科学科)
TEL 0138-34-6123, FAX 0138-34-6301
E-: kn
矢内浩文(茨城大学工学部メディア通信工学科)
TEL 0294-38-5097, FAX 0294-38-7148
E-: imxiba 


Last modified: 2006-02-28 17:16:15


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNLP研究会 / 次のNLP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会