電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のEMM研究会 / 次のEMM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM) [schedule] [select]
専門委員長 伊藤 彰則 (東北大)
副委員長 川村 正樹 (山口大), 日置 尋久 (京大)
幹事 薗田 光太郎 (長崎大), 岩田 基 (阪府大)
幹事補佐 生源寺 類 (静岡大), 藤吉 正明 (首都大東京)

日時 2017年 3月 6日(月) 14:00 - 17:50
2017年 3月 7日(火) 09:25 - 14:15
議題 画質・音質評価,知覚・認知メトリクス,人間視聴覚システム,一般 
会場名 宮古島マリンターミナル 大研修室 
住所 〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里108-11
交通案内 バス情報はこちら(http://www.kotsu-okinawa.org/map_miyako.html). 宮古協栄バス5系統 空港ターミナル前11:56発,平良港着12:10のバスがあります. バスは本数が少ないので,ご注意ください. タクシーやレンタカーでの移動もご検討ください.
http://okinawa-bf-map.jp/index.php?option=com_barrier&act=look&ID=2400&Itemid=72
会場世話人
連絡先
京都大学 日置尋久
0980-72-9566
お知らせ ◎ポスター講演での発表について,14:00~14:20の「ポスター概要発表」セッションにて 1件 2分以内で概要を発表してもらいますので,スライドの準備をお願いします.
◎3月6日の研究会終了後、懇親会を予定していますので奮ってご参加ください.

3月6日(月) 午後  ポスターセッション(概要発表)
座長: 岩田 基(阪府大)
14:00 - 14:20
(1) 14:00-14:20 ポスター概要発表
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
3月6日(月) 午後  ポスターセッション(前半)
座長: 岩田 基(阪府大)
14:30 - 15:30
(1) 14:30-15:30 [ポスター講演]KAZE特徴量を導入した電子透かし法の検討 深田有花川村正樹山口大
(2) 14:30-15:30 [ポスター講演]多元LDPC符号を用いた電子透かし法とJPEG圧縮に対する評価 佐伯豊彦野崎隆之川村正樹山口大
(3) 14:30-15:30 [ポスター講演]3Dプリンター造形物への情報埋め込みと近赤外線反射像による読み出し技術 中村耕介鈴木雅洋高沢渓吾神奈川工科大)・高嶋洋一NTT)・鳥井秀幸上平員丈神奈川工科大
(4) 14:30-15:30 [ポスター講演]画像特徴量に基づく同期回復を用いたDCT-OFDM型電子透かし方式 市岡由偉小嶋徹也東京高専
(5) 14:30-15:30 [ポスター講演]継続認証実現に向けた歩行中の心拍データ系列を用いた個人認証 吉田崇晃阪大)・河野和宏関西大)・馬場口 登阪大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
3月6日(月) 午後  ポスターセッション(後半)
座長: 岩田 基(阪府大)
15:40 - 16:40
(6) 15:40-16:40 [ポスター講演]攻撃耐性向上のためのブロックスクランブル暗号化法とその鍵管理 小笠原剛史今泉祥子千葉大)・貴家仁志首都大東京
(7) 15:40-16:40 [ポスター講演]ヘッドマウントディスプレイを用いたARによる電子書籍インタフェイスの開発 中原 匠日置尋久京大
(8) 15:40-16:40 [ポスター講演]相対テキスト長パターンに基づくPDF文書に対する電子透かし法 岩本拓也川村正樹山口大
(9) 15:40-16:40 [ポスター講演]音割符を用いた音響電子透かしシステムの一検討 野口 洲薗田光太郎喜安千弥長崎大
(10) 15:40-16:40 [ポスター講演]完全相補系列系を用いた画像電子透かしにおけるホスト信号近似法の性質について 加藤 翔小嶋徹也東京高専
  16:40-17:00 休憩 ( 20分 )
3月6日(月) 午後  一般
座長: 今泉 祥子(千葉大)
17:00 - 17:50
(11) 17:00-17:25 4K用カメラ用フォーカスアシストの開発 ~ 暗照明条件でも高ノイズ耐性を実現 ~ 合志清一工学院大
(12) 17:25-17:50 多感覚コンテンツの高次感性知覚に音情報から生成した振動情報が及ぼす増強効果 崔 正烈柳生寛幸坂本修一行場次朗鈴木陽一東北大
3月7日(火) 午前  一般
座長: 薗田 光太郎(長崎大)
09:25 - 10:40
(13) 09:25-09:50 PDCAサイクルに基づく健康メディアに対するセルフケア法の提案 ~ ソーシャルサポートとの協調によるセルフケアの効果改善 ~ 千種康民山崎祥行東京工科大
(14) 09:50-10:15 バイノーラル音響コンテンツの臨場感向上に向けたバイオフィードバック応用について 長嶋洋一静岡文化芸術大
(15) 10:15-10:40 非負値行列因子分解を用いた音楽電子透かし法の音高推定の改善 村田晴美中京大)・荻原昭夫近畿大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月7日(火) 午前  一般
座長: 伊藤 彰則(東北大)
10:50 - 11:40
(16) 10:50-11:40 [招待講演]球状マイクロホンアレイを用いたバイノーラル3次元音空間創成手法 坂本修一サルバドル セザルトレビーニョ ホルヘ鈴木陽一東北大
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
3月7日(火) 午後  一般
座長: 岩村 惠市(東京理科大)
13:00 - 14:15
(17) 13:00-13:25 画像入力型情報検索システムにおける利用者の位置履歴の保護 藤井宏次朗中村和晃新田直子馬場口 登阪大
(18) 13:25-13:50 幾何学的錯視による疑似力覚の付与を目指したテクスチャ提示方式に関する一検討 小野里勇希宮本龍介明大
(19) 13:50-14:15 共通鍵暗号とプログラムのハッシュ値によるファイルアクセス制御を用いた機密情報保護 市川 実宇田隆哉東京工科大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EMM マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2017-03-08 02:02:20


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[EMM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEMM研究会 / 次のEMM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会