電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


非線形問題研究会(NLP) [schedule] [select]
専門委員長 斎藤 利通
副委員長 林 初男
幹事 西尾 芳文, 夏目 季代久
幹事補佐 丹治 裕一, 立野 勝巳

日時 2004年 5月18日(火) 10:30 - 17:00
議題 一般 
会場名 東北大学電気通信研究所 大会議室(未定) 
住所 仙台市青葉区片平2-1-1
交通案内 http://www.riec.tohoku.ac.jp/overview/access/index-j.html
お知らせ ◎講演は発表20分,質疑5分でお願いいたします。
◎18日研究会終了後に懇親会を予定しています。

5月18日(火) 午前 
10:30 - 17:00
(1) 10:30-10:55 高速計算を目指したID離散時間モデル 永嶋宏和伝田達明早川吉弘中島康治東北大
(2) 10:55-11:20 カオス・ニューラルネットワークの時系列解析 二瓶靖隆中西貴裕吉田等明岩手大
(3) 11:20-11:45 バイナリーニューラルネットのあいまいさを許容した学習法 山道 孝斎藤利通法政大
(4) 11:45-12:10 ニューラルネットワークにおけるIDモデルの学習性能への影響 福原 淳早川吉弘中島康治東北大
  12:10-13:00 昼食 ( 50分 )
(5) 13:00-13:25 Numerical Analysis of Cellular Oscillating Networks based on Relaxation-based Method GAnesh Kumar BasnetMasayuki YamauchiSophia Univ.)・Nobuaki TakahashiIBM)・Tsuyoshi OtakeTamagawa Univ.)・Mamoru TanakaSophia Univ.
(6) 13:25-13:50 カオス・ニューラルネットワークから発生させた擬似乱数の性質に関する一考察 川村 暁石巻専修大)・吉田等明岩手大)・三浦 守公立はこだて未来大
(7) 13:50-14:15 ハウスホルダー変換によるCNN化手法に基づく時系列データの予測 渡邉勇太島田達郎上智大)・大竹 敢玉川大)・山内将行田中 衞上智大
(8) 14:15-14:40 場との相互作用による群ロボットの協調搬送行動 風間俊哉菅原 研渡辺俊典電通大
  14:40-14:55 休憩 ( 15分 )
(9) 14:55-15:20 脚式走行ロボットにおける非線形振動 玄 相昊江村 超東北大)・上田哲史徳島大
(10) 15:20-15:45 3DBSGを用いた3Dパッキング問題の解法に関する研究 山岸弘和静岡大)・○二宮 洋湘南工科大)・浅井秀樹静岡大
(11) 15:45-16:10 簡素な区分定数スパイキングカオス回路の発火則について 松岡祐介斎藤利通法政大
(12) 16:10-16:35 インダクタンスを考慮した大域的オンチップ配線のモデリング 丹治裕一香川大)・浅井秀樹静岡大
(13) 16:35-17:00 連続値入出力問題のためのニューラルネットの構造学習と知識抽出 真部雄介Basabi Chakraborty岩手県立大

問合先と今後の予定
NLP 非線形問題研究会(NLP)   [今後の予定はこちら]
問合先 夏目季代久(九州工業大学大学院生命体工学研究科)
TEL/FAX: 093-695-6094
E-: tubink 


Last modified: 2004-04-05 19:05:03


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NLP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会