電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ニューロコンピューティング研究会(NC) [schedule] [select]
専門委員長 西井 淳 (山口大)
副委員長 古川 徹生 (九工大)
幹事 小澤 誠一 (神戸大), 宮下 真信 (沼津高専)
幹事補佐 佐藤 直行 (はこだて未来大), 木村 聡貴 (NTT)

バイオ情報学研究会(IPSJ-BIO) [schedule] [select]
主査 渋谷 哲朗 (東京大)
幹事 関嶋 政和 (東工大), 大羽 成征 (京都大), 吉本 潤一郎 (OIST)

日時 2012年 6月28日(木) 09:20 - 18:10
2012年 6月29日(金) 09:20 - 14:15
議題 機械学習によるバイオデータマインニング、一般 
会場名 沖縄科学技術大学院大学 
住所 〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1
交通案内 http://www.oist.jp/ja
会場世話人
連絡先
吉本 潤一郎
098-966-8594
他の共催 ◆日本神経回路学会;IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎6月28日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

6月28日(木) 午前  一般
09:20 - 12:00
(1)
NC
09:20-09:45 追加学習型主成分分析の高速化と顔画像認識への応用 青木大二郎小澤誠一神戸大
(2)
NC
09:45-10:10 PLATO: サブモデルを統合する大規模脳数理モデル構築プラットフォーム 観音隆幸稲垣圭一郎槙村浩司カミジ ニュートン リュウジ臼井支朗理研
(3)
NC
10:10-10:35 Half-vs-Half法を適用した選択的不感化ニューラルネットによる筋電パターンの多クラス分類 堀江和正筑波大)・末光厚夫北陸先端大)・森田昌彦筑波大
  10:35-10:45 休憩 ( 10分 )
(4)
NC
10:45-11:10 運動-視覚ダイナミクス学習と線形ベルマン方程式によるロボット制御 金城 健奈良先端大/沖縄科学技研基盤整備機構)・内部英治沖縄科学技研基盤整備機構)・吉本潤一郎銅谷賢治沖縄科学技研基盤整備機構/奈良先端大
(5)
NC
11:10-11:35 2種類のTD誤差を用いた脳における状態価値の計算モデル 篠塚正成森田昌彦筑波大
(6)
NC
11:35-12:00 ハエ視覚系に存在する再帰的な神経回路の理論解析II ~ 並進刺激に対する応答特性 ~ 鈴木力憲東工大)・森本高子宮川博義東京薬科大)・青西 亨東工大
  12:00-13:00 昼食休憩 ( 60分 )
6月28日(木) 午後  合同企画セッション:バイオデータマイニング
13:00 - 18:10
(7)
NC
13:00-13:25 Virtual Fitting Roomに向けた実画像・深度画像を用いた衣服の特性推定 松葉有香船谷浩之中村彰宏池田和司奈良先端大
(8)
NC
13:25-13:50 細胞形態を反映した階層ベイズ法による細胞の力推定法 小沢 哲奈良先端大)・作村諭一愛知県立大)・鳥山道則稲垣直之池田和司奈良先端大
(9)
NC
13:50-14:15 A model for firing patterns of pancreatic beta-cell Chuying CuiKantaro FujiwaraTohru IkeguchiSaitama Univ.)・Masafumi KakeiJichi Medical Univ.
(10)
NC
14:15-14:40 相互情報量最大化による海馬CA1ネットワークのシナプス可塑性様式の予測 宮田龍太東工大/学振)・太田桂輔理研)・青西 亨東工大
(11)
NC
14:40-15:05 サルV1における方位地図の局所構造と神経細胞の方位選択性の関係: 2光子カルシウムイメージングによる検討 池添貢司森 理也阪大)・喜多村和郎東大)・田村 弘藤田一郎阪大
  15:05-15:15 休憩 ( 10分 )
(12) 15:15-15:40 Structure prediction with FAMS for proteins screened critically to autoimmune diseases based upon bioimformatics
Shigeharu Ishida, Hideaki Umeyama, Mitsuo Iwadate, ◯Y-h. Taguchi
(13) 15:40-16:05 A Method for Isoform Prediction from RNA-Seq Data by Iterative Mapping
○大野 朋重(大阪大), 瀬尾 茂人(大阪大), 竹中 要一(大阪大), 松田 秀雄(大阪大)
(14) 16:05-16:30 3次元画像特徴量を用いた蛋白質分子表面比較
○車谷奈都実(神戸大),大川剛直(神戸大)
(15) 16:30-16:55 複数の分類器に基づく半教師あり学習を用いた文献からの蛋白質間相互作用抽出
○小薮 駿(神戸大),大川 剛直(神戸大)
  16:55-17:10 休憩 ( 15分 )
(16)
共通
17:10-18:10 [招待講演]PhysioDesignerを用いた神経系を含む生体生理機能の多階層モデリングならびにシミュレーション 浅井義之沖縄科技大)・北野宏明沖縄科技大/システム・バイオロジー研究機構
6月29日(金) 午前  一般講演(バイオ情報学,A)
09:20 - 11:35
(17) 09:20-09:35 ヒト大脳組織におけるプロモーターメチル化の個体差
◯大和田 美幸(中央大)、田口 善弘(中央大)
(18) 09:35-09:50 マウスの胚性幹細胞、胚性線維芽細胞における次世代シーケンシング発現解析
○飯島 康平(中央大)、田口 善弘(中央大)
(19) 09:50-10:05 タンパク質間ドッキング予測における機械学習を用いた目的関数の動的調整
○藤原 隆之(東工大)、松崎 由理(東工大)、石田 貴士(東工大)、秋山
泰(東工大)
(20) 10:05-10:20 タンパク質間ドッキング予測における実空間での効率的な評価スコア計算方法の研究
○下田 雄大(東工大)、石田 貴士(東工大)、秋山 泰(東工大)
(21) 10:20-10:35 簡易疎水性相互作用モデルによるタンパク質間ドッキング予測の高精度化
◯大上 雅史(東工大),石田 貴士(東工大),秋山 泰(東工大)
  10:35-10:45 休憩 ( 10分 )
(22) 10:45-11:10 近隣剪定法:進化系統樹を利用した配列リサンプリングアルゴリズム
○米澤弘毅(長浜バイオ大)、五十嵐学(北大)、伊藤公人(北大)
(23) 11:10-11:35 多値論理を用いた生体ネットワークシステムのモデル検査
○坂本 悠(山梨大),山本 泰生(山梨大),岩沼 宏治(山梨大)
  11:35-13:00 昼食休憩 ( 85分 )
6月29日(金) 午後  一般講演(バイオ情報学,B)
13:00 - 14:15
(24) 13:00-13:25 Suffix arrayを用いた高速な配列相同性検索の改良とエピゲノムへの対応
○鈴木脩司(東工大),石田貴士(東工大),秋山泰(東工大)
(25) 13:25-13:50 ハッシュテーブルの分割によるde novoアセンブリの改良
○杉浦典和(東工大)石田貴士(東工大)関嶋政和(東工大)秋山泰(東工大)
(26) 13:50-14:15 時系列発現プロファイルのための遺伝子機能グループ解析手法
○大熊祐太(大阪大学大学院), 瀬尾茂人(大阪大学大学院), 竹中要一(大阪大学大学院), 松田秀雄(大阪大学大学院)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
NC ニューロコンピューティング研究会(NC)   [今後の予定はこちら]
問合先 小澤 誠一(神戸大)
E-: oibe-u
電 話: 078-803-6466 
IPSJ-BIO バイオ情報学研究会(IPSJ-BIO)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2012-05-07 10:43:02


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NC研究会のスケジュールに戻る]   /   [IPSJ-BIO研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のNC研究会 / 次のNC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会