電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 登内 敏夫 (NEC)
副委員長 野村 祐士 (富士通研), 山下 陽一 (NTT-N)
幹事 村田 政雄 (富士通), 服部 雅晴 (KDDI研)
幹事補佐 大石 晴夫 (NTT)

日時 2018年 3月 8日(木) 09:00 - 18:00
2018年 3月 9日(金) 09:00 - 16:20
議題 エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
会場名 沖縄県青年会館 
住所 〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目15-23
交通案内 ゆいレール旭橋駅から徒歩5分
http://www.okiseikan.or.jp/
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ICM研究会)についてはこちらをご覧ください.

3月8日(木) 午前  セッション1(2階大ホール)
座長: 矢守 恭子(朝日大学)
09:00 - 10:40
(1) 09:00-09:20 情報システムへの変更要求管理システムの適用と評価 神谷法正中井悠人沼田晋作橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズ
(2) 09:20-09:40 多拠点展開されるシステムにおける構成管理情報を利用した試験自動化の一考察 中井悠人神谷法正沼田晋作橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズ
(3) 09:40-10:00 ワークフローのモジュール化によるネットワーク運用管理自動化手法 瓦井太雄吉田直樹阪市大)・中山裕貴林 經正ボスコ・テクノロジーズ)・阿多信吾阪市大
(4) 10:00-10:20 ネットワーク監視システムにおけるパラメータ設定の自動化 朱 韵成竹島由晃宮本啓生日立
(5) 10:20-10:40 企業文書の内容に基づいたOpS操作画面に対する文書推薦方式の検討 卜部有記小笠原志朗堀田健太郎井上 晃NTT
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月8日(木) 午後  招待講演1(2階大ホール)
座長: 山下 陽一(NTTネオメイト)
10:50 - 11:50
(6) 10:50-11:20 [招待講演]TM Forum概要と動向 堀内信吾NTT
(7) 11:20-11:50 [招待講演]TM ForumにおけるIoT関連の検討動向について 泉田聡介NTTコムウェア
  11:50-12:40 昼休み ( 50分 )
3月8日(木) 午後  招待講演2(2階大ホール)
座長: 登内 敏夫(NEC)
12:40 - 13:40
(8) 12:40-13:10 [招待講演]オープンソースベースの仮想CPE基盤 佐藤裕昭NTT
(9) 13:10-13:40 [招待講演]多種多様な通信サービスを迅速・確実に提供する自動統制プラットフォームの開発 中尾 仁平原千里浅見康介西江将男岩見貴弘NTTコミュニケーションズ
  13:40-14:00 休憩(ワークショップ入替) ( 20分 )
3月8日(木) 午後  ICMワークショップ
座長: 野村 祐士(富士通研究所)
14:00 - 18:00
(10) 14:00-18:00 **********************************************************
2018年情報通信マネジメント(ICM)ワークショップ ※第二種研究会
テーマ: 複雑化する ICT の運用管理はデータ、オープンソース、AIの活用で解決できるか

詳細は下記でご確認下さい。
http://www.ieice.org/~icm/jpn/icmws/icmws201803.html
**********************************************************
3月9日(金) 午前  セッション2(2階大ホール)
座長: 木下 和彦(徳島大学)
09:00 - 10:40
(11) 09:00-09:20 クラウドプラットフォームにおける継続的にエラーイベントを発生させるタスクの解析 萬代光治川原 純笠原正治奈良先端大
(12) 09:20-09:40 クラウド環境に適したテレコムアプリケーションの構成に関する考察 肥留間祐太田村宏直中島佳宏鈴木啓介深江誠司NTTドコモ
(13) 09:40-10:00 安否情報システムにおけるAuto Scalingパラメータ設定手法の検討 井口優菜小板隆浩同志社大
(14) 10:00-10:20 被災者位置推定システムにおけるUAV飛行アルゴリズムの提案 辰己友亮小板隆浩同志社大
(15) 10:20-10:40 クラウド時代のファイヤーウォールルール自動検証方式の検討 宇都宮拓馬小口直樹富士通
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月9日(金) 午後  セッション3(2階大ホール)
座長: 栗本 崇(国立情報学研究所)
10:50 - 12:30
(16) 10:50-11:10 DCIMを用いたデータセンタにおける最適管理に関する研究 ~ 機械学習を用いたサーバルームの温度予測モデルの構築・評価 ~ 笹倉康佑青木 健渡邊 剛NTTファシリティーズ
(17) 11:10-11:30 ネットワークオペレーションへのAI適用に関する一考察 木村竜也柴田精司ドコモ・テクノロジ)・山本浩司諸石隆史NTTドコモ)・古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジ
(18) 11:30-11:50 複数事業者間のサービス連携を実現するオーケストレータ 高橋謙輔田中宏幸小内伸夫矢崎啓之加藤 浩NTT
(19) 11:50-12:10 [奨励講演]ログ監視における正規表現ルール生成手法の改善策の評価 後藤真一郎藤浦豊徳樋口雅文NTT
(20) 12:10-12:30 ブロックチェーンを活用したトレーサビリティ管理技術の検討と評価 永井崇之日立
  12:30-13:30 昼休み ( 60分 )
3月9日(金) 午後  セッション4(2階大ホール)
座長: 吉武 浩(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
13:30 - 14:50
(21) 13:30-13:50 マルチホップネットワークにおけるMANET-DTN階層形パケット転送方式 岩上新之介三好 匠芝浦工大)・朝香卓也首都大東京
(22) 13:50-14:10 アンライセンスバンドを用いた稠密なLTE/WiFiネットワークにおけるチャネル割り当てと接続先選択手法 銀杏一輝阪大)・木下和彦徳島大)・河野圭太岡山大)・中山裕貴林 經正BOSCO)・渡辺 尚阪大
(23) 14:10-14:30 効率的なTMF SID適用を実現するための実装モデルと適用方針の検討 小西健太大野木健太稲垣麻美古関伸行小林英俊江口秀晃NTTコムウェア
(24) 14:30-14:50 VDI Proxyを用いたVDIシステムにおけるレイテンシ改善方式の提案 小口直樹高野陽介富士通研)・阿部俊二NII
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
3月9日(金) 午後  セッション5(2階大ホール)
座長: 吉原 貴仁(KDDI総合研究所)
15:00 - 16:20
(25) 15:00-15:20 NFVにおけるVNFの自動設計及び設定の実用化 石居健太郎髙柳和央竹内康裕富澤彰之大谷知行ドコモ・テクノロジ
(26) 15:20-15:40 トラヒック分析データの利用拡大に向けたデータ基盤の検討 上野史紀小野塚康浩春藤義隆大谷知行ドコモ・テクノロジ
(27) 15:40-16:00 複数ネットワーク構成の可視化方法に関する一検討 深見公彦佐藤正崇田山健一堀内信吾NTT
(28) 16:00-16:20 分散協調コントローラによるオーバーレイ型仮想ネットワーク制御技術の提案 當山達也OOL/OKIT)・佐藤陽一OOL/NEC)・栗本 崇NII)・菊池 豊高知工科大)・橋本 仁秋田大)・福本昌弘福冨英次高知工科大)・岸本幸典OOL/NTTコミュニケーションズ)・山田博司漆谷重雄NII

講演時間
一般講演(20分)発表 15 分 + 質疑応答 5 分
招待講演(30分)発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
E-:icm-n
http://www.ieice.org/~icm/jpn/ 


Last modified: 2018-03-06 18:46:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会