電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 近藤 公久 (工学院大)
副委員長 久保村 千明 (山野美容芸術短大), 鈴木 雅実 (KDDI研)
幹事 乾 孝司 (筑波大), 黒田 航 (杏林大)
幹事補佐 富田 英司 (愛媛大), 坪田 康 (京大)

日時 2015年10月 4日(日) 13:20 - 16:50
議題 資源,言語の学習​,場の共創,思考と言語一般 
会場名 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 
住所 東京都新宿区西早稲田 1-6-1
交通案内 山手線:高田馬場駅から徒歩20分。西武:新宿線 高田馬場駅から徒歩20分。地下鉄東京メトロ:東西線 早稲田駅から徒歩5分
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
会場世話人
連絡先
早稲田大学法学学術院 原田康也
他の共催 ◆早稲田大学情報教育研究所・早稲田大学言語情報研究所

10月4日(日) 午後 
13:15 - 16:50
  13:15-13:20 開会のあいさつ 近藤公久(工学院大学) ( 5分 )
(1) 13:20-13:50 N-gramモデルを用いたtext-to-speechシステムに応じた入力テキスト合成手法 王 楽Kacper Radzikowski吉江 修早大
(2) 13:50-14:20 日本語の「付加情報+名詞」と英語の「名詞+付加情報」の対応について 岩垣守彦ALR
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
(3) 14:40-15:10 階層構造意味空間モデルによるアブダクティブ推論 高田明典フェリス女学院大
(4) 15:10-15:40 跨境する言語文化資源の活用 ~ マルチ検索による四字熟語の自律学習を例にして ~ 楊 敏砂岡和子早大
  15:40-16:00 休憩 ( 20分 )
(5) 16:00-16:25 日本語で数学を学ぶ留学生の内容理解を支えるサポートを考える ~ 大学数学の基礎科目「微分積分」・「線形代数」に関して ~ 滝口浩由早大
(6) 16:25-16:50 外国人住民にとって必要な言語支援とは何か ~ 東日本大震災における福島県の事例から ~ 佐藤京子早大
  16:50-16:55 閉会の挨拶 原田康也(早稲田大学) ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分
学生及び若手発表発表 15 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先 原田康也
 


Last modified: 2015-10-16 13:27:56


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会