電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 宇野 亨 (東京農工大)
副委員長 菊間 信良 (名工大)
幹事 石井 望 (新潟大), 高橋 徹 (三菱電機)
幹事補佐 道下 尚文 (防衛大)

日時 2012年 6月 8日(金) 09:10 - 11:50
議題 無線設備・アンテナ測定技術 
会場名 高知県立県民文化ホール第6多目的室 
住所 〒780-0870 高知市本町4丁目3-30
交通案内 土佐電鉄路面電車県庁前下車徒歩数分
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~hall/access.html
他の共催 ◆IEEE AP-S Japan Chapter, 産業技術総合研究所計測標準研究部門 電磁界クラブ 協賛
お知らせ ◎この第二種研究会は無線端末・アンテナシステム測定技術研究会(実行委員長:新井 宏之)により運営されております.
◎この第二種研究会は(財)テレコムエンジニアリングセンター公益的調査研究助成(研究集会)の支援を受けております.
◎当日会場にて資料代1,000円を申し受けます.
◎6月7日(木)午後,同じ会場でチュートリアルワークショップ「アンテナ測定技術の基礎」を開催致します.参加登録方法はAP研のホームページをご覧下さい.
https://www.ieice.org/cs/ap/jpn/index.php?amt-tutorial201206

6月8日(金) 午前  AMT研(第二種研)
座長: 石居 正典(産総研)
09:10 - 10:25
(1) 09:10-09:35 Sパラメータ法を用いた小形無線端末上複数素子アンテナのインピーダンス特性およびアンテナ間相互結合の測定 柳 崇深沢 徹宮下裕章小西善彦三菱電機
(2) 09:35-10:00 位相中心を用いた近傍界利得と遠方界利得の関係の理論的検討 廣瀬雅信飴谷充隆黒川 悟産総研
(3) 10:00-10:25 110GHz超のミリ波帯角錐ホーンの利得決定 張間勝茂NICT
  10:25-10:35 休憩 ( 10分 )
6月8日(金) 午後  AMT研(第二種研)
座長: 深沢 徹(三菱電機)
10:35 - 11:50
(4) 10:35-11:00 ビーム走査型EMI測定用アンテナに関する検討 萩原賢治新井宏之横浜国大)・泉 誠一KEC関西電子工業振興センター)・田中稔泰マイクロウェーブファクトリー
(5) 11:00-11:25 ログペリオディックアンテナの短時間フーリエ変換を用いたアンテナ利得推定 黒川 悟廣瀬雅信産総研
(6) 11:25-11:50 広帯域固体ファントムを用いた簡易SAR測定法 落山啓太道下尚文山田吉英防衛大)・新井宏之横浜国大)・田中稔泰マイクロウェーブファクトリー

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 [AMT研] AMT研実行委員会総務幹事 石井 望 (新潟大)
E-: _-amtcry 


Last modified: 2012-12-22 00:42:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会