電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップ  戻る   前のDC研究会 / 次のDC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)
専門委員長 井上 美智子 (奈良先端大)  副委員長 福本 聡 (首都大東京)
幹事 吉村 正義 (京都産大), 金子 晴彦 (東工大)

★ソフトウェアサイエンス研究会(SS)
専門委員長 緒方 和博 (北陸先端大)  副委員長 中田 明夫 (広島市大)
幹事 小林 隆志 (東工大), 肥後 芳樹 (阪大)
幹事補佐 島 和之 (広島市大)

日時 2016年10月27日(木) 11:00~16:45
   2016年10月28日(金) 09:30~12:35

会場 彦根勤労福祉会館(〒522-0074 彦根市大東町4-28.JR彦根駅からアルプラザ前を東海道線沿いに南へ300m.徒歩3分京都銀行で左折.http://tachibana.html.xdomain.jp/access/.大阪大学 情報科学研究科 土屋達弘.0749-23-4141(会場))

議題 ソフトウェアシステム, ネットワーク環境でのディペンダビリティ

10月27日(木) 午前 (11:00~16:45)

(1) 11:00 - 11:25
ZDDアルゴリズムを用いた高強度テストケース生成法
○大橋 輝・土屋達弘(阪大)

(2) 11:25 - 11:50
抽象化タイムスタンプを用いたフォールトトレラントシステムのモデル検査
○中野伸哉・土屋達弘(阪大)

(3) 11:50 - 12:15
Faster Wait-free Randomized Consensus with an Oblivious Adversary for MRSW Register Model
○Sen Moriya(Kindai Univ.)・Michiko Inoue(NAIST)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

(4) 13:15 - 13:40
PPM圧縮におけるブロック間バースト誤りに対応する訂正手法
○室井拓也・北神正人(千葉大)

(5) 13:40 - 14:05
位数の大きい整数剰余環を用いた単一Limited-Magnitude誤り訂正符号
○小滝翔平・北神正人(千葉大)

(6) 14:05 - 14:30
スマートグリッド通信におけるフォールトトレランスとプライバシーを考慮したデータ集約に関する一考察
○小笠原亮太・新井雅之(日大)

(7) 14:30 - 14:55
モデル検査を用いたWebアプリケーションのテストケース生成
○笠原大和・横川智教・佐藤洋一郎・有本和民(岡山県立大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(8) 15:05 - 15:30
クロック凍結機構を持つ稠密時間プッシュダウンオートマトンのゾーン構成による検証
○平岡 祥・結縁祥治(名大)

(9) 15:30 - 15:55
#SMTツールを用いた量的情報流解析手法の高速化
○中島聖斗・Trung Chu Bao・橋本健二・酒井正彦・関 浩之(名大)

(10) 15:55 - 16:20
木文法に基づく圧縮XML文書に対するデータ値を考慮した直接更新手法
○高山隆之介・橋本健二・関 浩之(名大)

(11) 16:20 - 16:45
OSバージョンアップ時のアプリ試験効率化手法の提案と実装
○浅野浩一・増田真也・小形充弘・小林和正(NTTドコモ)・楯 充史・平山 哲(SEC)

10月28日(金) 午前 (09:30~12:35)

(12) 09:30 - 09:55
多粒度コードクローン検出手法の提案
○幸 佑亮・肥後芳樹・楠本真二(阪大)

(13) 09:55 - 10:20
ソースコードの変更予測手法による自動プログラム修正の高速化
○鷲見創一・肥後芳樹・楠本真二(阪大)

(14) 10:20 - 10:45
バイナリコード中の文字列に着目したソフトウェアの流用検出
○渡辺哲士・門田暁人(岡山大)・玉田春昭(京都産大)・神崎雄一郎(熊本高専)

(15) 10:45 - 11:10
バイナリプログラム圧縮によるソフトウェア流用検出
○上村康輔(奈良先端大)・門田暁人(岡山大)・畑 秀明・松本健一(奈良先端大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(16) 11:20 - 11:45
原型分析を用いたソフトウェアバグ分析
○瀧本恵介・門田暁人(岡山大)・尾上紗野・畑 秀明(奈良先端大)・亀井靖高(九大)

(17) 11:45 - 12:10
オンラインジャッジの履歴を対象としたプログラマの成長分析
○則行祐作・中川尊雄・畑 秀明・松本健一(奈良先端大)

(18) 12:10 - 12:35
共同開発環境におけるコーディングスタイルの変更に関する調査
○小倉直徒・まつ本真佑(阪大)・畑 秀明(奈良先端大)・楠本真二(阪大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎懇親会:10/27 19:00~,小間蔵 彦根駅前店
https://www.hotpepper.jp/strJ001010922/


☆DC研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

11月28日(月)~30日(水) 立命館大学大阪いばらきキャンパス [9月11日(日)] テーマ:デザインガイア2016 -VLSI設計の新しい大地-
12月16日(金) 酒田市 総合文化センター(山形県酒田市) [10月12日(水)] テーマ:Winter Workshop on safety - 安全性に関する冬のワークショップ -

【問合先】
吉村 正義 (京都産業大学コンピュータ理工学部)
E-mail:cck-

◎最新情報は,DC研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/iss/dc/jpn/index.html

☆SS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2017年1月26日(木)~27日(金) 京都工芸繊維大学 60周年記念館 2階大セミナー室 [11月17日(木)] テーマ:一般

【問合先】
肥後芳樹 (大阪大学)
TEL: 06-6879-4111
FAX: 06-6879-4114
E-mail: ist-u

◎最新の情報はSIGSS研究会ホームページでご確認ください.
http://www.sa.cs.titech.ac.jp/sigss/


Last modified: 2016-10-26 19:11:27


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /   [DC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のDC研究会 / 次のDC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会