電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報通信マネジメント研究会(ICM) [schedule] [select]
専門委員長 宇野 浩司 (NTT)
副委員長 伊勢田 衡平 (富士通), 高野 誠 (NTT西日本)
幹事 瀬社家 光 (NTT), 阿多 信吾 (阪市大)
幹事補佐 菅内 公徳 (日立)

日時 2010年 3月11日(木) 08:30 - 18:00
2010年 3月12日(金) 09:00 - 16:40
議題 情報通信マネジメント、および一般 
会場名 おきえらぶフローラルホテル フローラル館ホール 
住所 〒891-9214 鹿児島県大島郡知名町知名520
交通案内 沖永良部空港からタクシーで約25分
http://www.town.china.lg.jp/floral/

3月11日(木) 午前  省エネルギー
08:30 - 09:30
(1) 08:30-08:50 代理応答・処理の範囲拡大によるサーバ電力使用量削減方式の提案 長名保範栗林伸一成蹊大
(2) 08:50-09:10 複数種別資源同時割り当てを前提として公平性アルゴリズム拡張方式の評価 宮田大輔長名保範栗林伸一成蹊大
(3) 09:10-09:30 エンドシステム、ネットワーク、電力網の連携によるICT総体の電力使用量ならびに発電量の削減法 栗林伸一長名保範成蹊大
  09:30-09:40 休憩 ( 10分 )
3月11日(木) 午後  NW 制御
09:40 - 10:40
(4) 09:40-10:00 無線メッシュネットワークにおける初期経路確立手法の提案 高橋武尊植田和憲高知工科大
(5) 10:00-10:20 制御信号網分離アーキテクチャによる経路制御方式とその評価 阿部逸人徳弘裕人島村和典高知工科大
(6) 10:20-10:40 アクセスネットワークに於ける帯域保証型サービスへの収容設計方法の一考察 金井俊介伊藤 敦竹谷昌浩丸山 勉NTT
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月11日(木) 午後  サービス管理
10:50 - 11:50
(7) 10:50-11:10 PBB-VPN運用管理システムの開発と評価 沖田英樹日立
(8) 11:10-11:30 分散コンポーネントの動的配置によって安定したQoSを提供するネットワークサービスプラットフォーム 横江直輔木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研
(9) 11:30-11:50 トレーシングを用いたパッチ影響解析における冗長データ削減手法 堀 賢治吉原貴仁KDDI研
  11:50-13:00 昼食 ( 70分 )
3月11日(木) 午後  ICM ワークショップ
13:00 - 18:00
  - ***********************************************************
第2回情報通信マネジメントワークショップ
13:00〜18:00

テーマ:クラウドコンピューティングとその管理技術
詳細は以下をご覧下さい。
http://www.ieice.org/~icm/new/news/files/icmws02.html
***********************************************************
3月12日(金) 午前  課金
09:00 - 10:00
(10) 09:00-09:20 従量制VOD形IP放送における事業者収益最大化料金設定 手塚一貴早大)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大
(11) 09:20-09:40 ビリングサービスにおけるBPRを志向した統合プラットフォーム構築事例 本間広信吉岡隆志佐藤克也NTTコミュニケーションズ)・岩崎 智NTT
(12) 09:40-10:00 パケット単位課金SLAサービスにおけるキュー長制御可能なPQの利益比較 長野純一勅使河原可海創価大
  10:00-10:10 休憩 ( 10分 )
3月12日(金) 午後  情報管理
10:10 - 11:10
(13) 10:10-10:30 高度な業務支援に向けた柔軟な状態認識手法 西川健一増田 健山村哲哉NTT
(14) 10:30-10:50 住所データの統合管理方法について 岩嶋伸行山下陽一影 直雅住山賢二森 英俊NTT西日本
(15) 10:50-11:10 テレコム業界における契約中心の情報モデルから顧客中心の情報モデルへの転換に関する考察 森岡 佑山下陽一駒瀬守保森 英俊NTT西日本
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
3月12日(金) 午後  NW 計測 (1)
11:20 - 12:20
(16) 11:20-11:40 Resource Monitoring System Design for Server Consolidation Arnupharp ViratanapanuAhmad Kamil Abdul HamidYoshihiro KawaharaTohru AsamiUniv. of Tokyo.
(17) 11:40-12:00 エンドトゥエンドIP品質情報のアクティブ計測に基づくネットワーク内劣化箇所特定技法 渡邉岳彦近江貴晴川原浩一成田篤信山本全昭NTTコムウェア
(18) 12:00-12:20 迅速な運用を可能にするプライベートクラウド環境の「見せる化」技術の一検討 菅原 賢林 經正北崎博司クラウド・スコープ・テクノロジーズ
  12:20-13:20 昼食 ( 60分 )
3月12日(金) 午後  NW 管理 (1)
13:20 - 14:20
(19) 13:20-13:40 マルチベンダL2NW環境におけるNW管理手法の一検討 中西一生井ノ上 攻深野隆行長島祐之NTTコムウェア
(20) 13:40-14:00 大規模IP網におけるオーダ処理時間の短縮 坂田浩亮木村辰幸大塚祥広NTT
(21) 14:00-14:20 共用化EMSの開発手法に関する検討 〜 ソフトウェアプロダクトライン手法をベースに 〜 西尾 学三好 優村上健治郎NTT
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
3月12日(金) 午後  NW 管理 (2)
14:30 - 15:30
(22) 14:30-14:50 設定パラメータの依存解析によるシステム運用管理支援機構 大野允裕中村暢達NEC
(23) 14:50-15:10 前件部変数をファジィ数とした推論法に関する一考察 三石貴志流通科学大)・師玉康成信州大
(24) 15:10-15:30 NE仕様定義の自動生成による大規模OSSソフトウェア生産性向上法の提案 山本直樹中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモ
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
3月12日(金) 午後  NW 計測 (2)
15:40 - 16:40
(25) 15:40-16:00 統計的特徴に基づく検索トレンドパターンの自動識別法 土井将登阿多信吾岡 育生阪市大
(26) 16:00-16:20 オーバーギガ級大容量映像配信の品質監視方法の提案と検証 〜 SNMPの適用可能性について 〜 谷口 篤山田慎悟NTTコミュニケーションズ)・清水健司瀬林克啓NTT
(27) 16:20-16:40 Things You Should Know about Your Terminal Equipment Miarisoa RandriamananjaraMarat ZhanikeevYoshiaki TanakaWaseda Univ.

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ICM 情報通信マネジメント研究会(ICM)   [今後の予定はこちら]
問合先 ICM 研究会 幹事
瀬社家 光(NTT)
TEL: 0422-59-2975
阿多 信吾(大阪市立大学)
TEL: 06-6605-2191
http://www.ieice.org/~icm/jpn/
E-:icm-n 
お知らせ ◎TM(テレコミュニケーションマネジメント)研究会は2008年4月よりICM(情報通信マネジメント)研究会と改称致しました.


Last modified: 2010-03-04 14:44:48


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会資料(技術研究報告)の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの目次)]
 

[ICM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のICM研究会 / 次のICM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会