電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-26 14:10
環状構造の64ビットNFSRブロック暗号システムの安全性向上の検討
一木俊宏常田明夫熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報化社会と呼ばれるようになった現代社会において,情報のやり取りの際は安全性が求められる.その安全性確保の為,暗号化技術を用いて様々な情報が他者に漏れた時の対策が行われている.著者らの研究室では非線形フィードバックシフトレジスタ(NFSR)を使ったブロック暗号の開発を行っている.非線形フィードバックシフトレジスタはDフリップフロップと組み合わせ論理回路で構成される擬似乱数生成器の一つである.今回は,8段NFSRを8個環状に接続して構成した64ビットブロック暗号システムの安全性向上に関する検討を行う. 
(英) In a modern society, safety is required when exchanging information. In order to secure its safety, we are taking measures to prevent various information leaked to others by using encryption technology. My laboratory is developing block ciphers using nonlinear feedback shift register (NFSR). The nonlinear feedback shift register is one of pseudo random number generators composed of D flip - flops and combinational logic circuits. Today, we investigate the improvement of the security of the 64 - bit block cipher system constructed by connecting eight 8 - stage NFSRs in a ring.
キーワード (和) ブロック暗号 / 非線形フィードバックシフトレジスタ / 環状構造 / / / / /  
(英) Block cipher / Nonlinear feedback shift register, / Ring Structure / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 15, NLP2018-7, pp. 31-34, 2018年4月.
資料番号 NLP2018-7 
発行日 2018-04-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2018-04-26 - 2018-04-27 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumaoto Univ. 
テーマ(和) 離散力学系,系列,一般 
テーマ(英) Discrete Dynamical Systems, Sequences, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環状構造の64ビットNFSRブロック暗号システムの安全性向上の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Security Enhancement of 64-Bit Block Cipher Systems with Ring Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロック暗号 / Block cipher  
キーワード(2)(和/英) 非線形フィードバックシフトレジスタ / Nonlinear feedback shift register,  
キーワード(3)(和/英) 環状構造 / Ring Structure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 一木 俊宏 / Toshihiro Ichiki / イチキ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 常田 明夫 / Akio Tsuneda / ツネダ アキオ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-26 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-7 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2018-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会