電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-04-26 15:00
Barker系列とNFSR系列による連接符号の非周期自己相関特性について
松雪翔太常田明夫熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 位置測位において,固定局から送信された信号を受信側で捉え,その到着時刻を正確に測ることが重要である.GPSでも用いられているように,複数の固定局から異なるスペクトル拡散符号を送信し,CDMA(code division multiple access)の原理で受信することで,各固定局からの信号の到着時刻を測ることが可能である.本稿では,Barker系列とNFSR(nonlinear feedback shift register)系列を用いて構成した連接符号の非周期自己相関特性を調べ,NFSR系列と比較し測位用符号としての性能を検討する. 
(英) In positioning systems, it is important to capture the signal transmitted from a beacon for getting the exact arrival time. As in the GPS systems, several beacons transmit different spreading codes, and a receiver can get the arrival time by receiving the signal in the principle of CDMA (code division multiple access) communications. In this paper, we investigate aperiodic auto-correlation properties, which are important in the CDMA-based positioning systems, of the concatenated codes obtained by a Barker sequence and an NFSR(nonlinear feedback shift register) sequence.
キーワード (和) Barker系列 / NFSR系列 / 非周期自己相関 / 連接符号 / / / /  
(英) Barker sequence / NFSR sequence / Aperiodic auto-correlation / Concatenated code / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 15, NLP2018-9, pp. 39-42, 2018年4月.
資料番号 NLP2018-9 
発行日 2018-04-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2018-04-26 - 2018-04-27 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumaoto Univ. 
テーマ(和) 離散力学系,系列,一般 
テーマ(英) Discrete Dynamical Systems, Sequences, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-04-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Barker系列とNFSR系列による連接符号の非周期自己相関特性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Aperiodic Auto-Correlation Properties of Concatenated Codes by Barker Sequences and NFSR Sequences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Barker系列 / Barker sequence  
キーワード(2)(和/英) NFSR系列 / NFSR sequence  
キーワード(3)(和/英) 非周期自己相関 / Aperiodic auto-correlation  
キーワード(4)(和/英) 連接符号 / Concatenated code  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松雪 翔太 / Shota Matsuyuki / マツユキ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 常田 明夫 / Akio Tsuneda / ツネダ アキオ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-04-26 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2018-9 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2018-04-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会