電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-20 09:00
[ポスター講演]ブラインド音源分離のための高速相関テンソル分解
北村昂一坂東宜昭糸山克寿京大)・吉井和佳京大/理研)・河原達也京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,シングルチャネル音源分離のための複素$t$分布に基づく高速相関テンソル分解 (高速$t$-CTF)
について述べる.

相関テンソル分解 (CTF) は,非負値行列分解 (NMF) や半正定値テンソル分解 (PSDTF) の拡張となっており,複素スペクトログラムの周波数方向および時間方向の相関を考慮した音源分離が可能である.しかし,莫大な計算量のため現実的には実行が困難であり,混合音のスペクトログラムが複素ガウス分布に従うという強い仮定が置かれている問題があった.

本研究ではまず,相関行列の同時対角化に基づくCTFの高速近似法を提案する.高速CTFでは,複素スペクトログラムの周波数方向および時間方向の相関を無相関化する変換行列の推定と,変換後の空間での非負値行列分解 (NMF) を同時に行う.次に,混合音のスペクトログラムが複素$t$分布に従うことを仮定した高速$t$-CTFを導出する.複素$t$分布は,複素対称$alpha$安定分布と同様に,複素コーシー分布および複素ガウス分布を特殊形として含む裾の重い確率分布であるが,一般に再生性を持たないかわりに,すべての自由度について確率密度関数が陽にかける利点を持ち,最尤推定を行う上で都合がよい.

音源分離実験から,高速$t$-CTFの特殊形である高速PSDTFはNMFよりも高い音源分離精度を持つことを示した. 
(英)
キーワード (和) 相関テンソル分解 / 半正定値テンソル分解 / 非負値行列分解 / 複素t分布 / 同時対角化 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-127, pp. 235-240, 2018年3月.
資料番号 SP2017-127 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) ブラインド音源分離のための高速相関テンソル分解 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相関テンソル分解 /  
キーワード(2)(和/英) 半正定値テンソル分解 /  
キーワード(3)(和/英) 非負値行列分解 /  
キーワード(4)(和/英) 複素t分布 /  
キーワード(5)(和/英) 同時対角化 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 昂一 / / キタムラ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂東 宜昭 / / バンドウ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 糸山 克寿 / / イトヤマ カツトシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉井 和佳 / / ヨシイ カズヨシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学/理研 (略称: 京大/理研)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 達也 / / カワハラ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-20 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-144,IEICE-SIP2017-153,IEICE-SP2017-127 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.235-240 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会