電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]超広帯域音声のための低周波成分への影響を考慮した非線形帯域拡張法に基づく話者照合の検討
宮本春奈塩田さやか貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,エイリアシングの影響を考慮した非線形帯域拡張法を提案し,その有効性を客観評価および話者照合において評価している.帯域拡張法には電話音声のような狭帯域音声に適用するものだけでなく,次世代通信のための超広帯域に対応させるものなどがある.統計モデルを用いた手法によりどちらの条件においても高い品質を得ることが報告されている.一方,学習のプロセスを必要としない帯域拡張法である非線形帯域拡張法も近年報告されている.非線形帯域拡張法では非線形関数を用いることで広帯域音声を生成可能であるが一方で扱う信号がデジタル信号であるためにエイリアシングの影響を受けるという問題もあった.そこで,本研究ではエイリアシングを回避するためのフィルタを加えた非線形帯域拡張法を提案する.提案法を評価するための実験としてPESQおよびRMS-LSDという客観的評価尺度による比較と話者照合実験を行った.特に話者照合実験において信号を16kHzから32kHzへ拡張した場合に提案法は従来法と比較して29.7%のエラー削減率を得たことを報告する. 
(英) This paper has two aims that are to propose a novel bandwidth extension (BWE) method considering aliasing artifacts, and to apply various BWE methods to speaker verification to evaluate the effectiveness of the BWE ones. There are bandwidth extension methods not only to enhance narrowband signals but also to adapt signals to super-wideband systems. It has been reported that statistical based BWE approaches can estimate clear wideband and super-wideband signals. Recently, a non-linear BWE method has also been reported as a resynthesis approach. In this paper, it is first pointed out that digital signals generated by the non-linear BWE methods include some aliasing artifacts due to the band limitation to be decided according to the sampling frequency. Next, a new non-linear artificial BWE method, which allows us to avoid the influence of aliasing artifacts, is proposed. Moreover, to evaluate the proposed framework, speaker verification experiments and objective tests, i.e. PESQ and RMS-LSD, are conducted. Especially, experimental results show that speech signals extended to 32 kHz by the proposed framework provide the error reduction of 29.7%, compared with conventional methods.
キーワード (和) 非線形帯域拡張 / エイリアシング / 話者照合 / PESQ / RMS-LSD / / /  
(英) non-linear artificial bandwidth extension / aliasing artifacts / speaker verification / PESQ / RMS-LSD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-93, pp. 51-55, 2018年3月.
資料番号 SP2017-93 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超広帯域音声のための低周波成分への影響を考慮した非線形帯域拡張法に基づく話者照合の検討 
サブタイトル(和)
タイトル(英) Speaker verification based on non-linear bandwidth extension considering aliasing artifacts for super-wideband applications 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 非線形帯域拡張 / non-linear artificial bandwidth extension  
キーワード(2)(和/英) エイリアシング / aliasing artifacts  
キーワード(3)(和/英) 話者照合 / speaker verification  
キーワード(4)(和/英) PESQ / PESQ  
キーワード(5)(和/英) RMS-LSD / RMS-LSD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 春奈 / Haruna Miyamoto / ミヤモト ハルナ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-110,IEICE-SIP2017-119,IEICE-SP2017-93 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会