電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-19 13:00
[ポスター講演]話者照合のための話者性を考慮した音素情報に基づくポップノイズ検出法を用いたテキスト依存型声の生体検知
望月紫穂野塩田さやか貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,話者性を考慮した音素情報に基づくポップノイズ検出法を用いたテキスト依存型の声の生体検知を提案する.近年,話者照合システムが普及しつつある一方で、登録話者の録音した声をスピーカー再生するなりすまし攻撃によってその認証精度が大幅に低下してしまうことが報告されている.これまでにスピーカー再生によるなりすまし攻撃に対する根本的な解決策の一つとして,入力音声が人間によって実際に発声されたものか否かを識別する声の生体検知が提案されており,その実現手法の1つとして,入力音声からポップノイズを検出する方法が有用であることが報告されている.しかし,なりすまし攻撃からもポップノイズを誤検出してしまうという問題があったため,著者らはポップノイズ検出後にポップノイズ区間にかかる音素を考慮して声の生体検知を行う音素情報に基づくポップノイズ検出法を提案し,なりすまし攻撃に対する頑健性が向上することを報告してきた.これまでの報告では,話者毎の発話スタイルの違いに着目した話者依存の音素リストやポップノイズの発生頻度を考慮したプロンプト文の使用を前提としてきた.一方,近年普及しつつあるスマートフォンや銀行等の話者認証システムは発話内容が固定である場合が多い.そこで本研究では,話者性を考慮した音素情報を用いた声の生体検知に対してさらにテキスト依存の枠組みを導入することを提案し,生体検知実験および話者照合実験による性能評価と考察について報告する. 
(英) This paper proposes a pop-noise (PN) detection method considering speaker-dependent phoneme information for text-dependent voice liveness detection (VLD) systems. Recently, various countermeasures against spoofing attacks have been reported, and PN detection-based VLD frameworks have been proposed as well. The VLD frameworks identify whether an input sample is a genuine speech or a replayed one. However, since spoofing attacks are sometimes regarded as genuine speeches by false detection of PN periods, PN detection methods considering speaker-dependent phoneme information have also been proposed for text-independent speaker verification. On the other hand, text-dependent speaker verification systems are usually used for smartphone security and banking systems. Therefore, in this paper, the text-dependent condition is adapted to the PN detection methods considering speaker-dependent phoneme information due to improve the robustness. To evaluate the effectiveness of the proposed method, VLD and speaker verification experiments were performed. These results show that the proposed method obtained higher reliability and usability than conventional methods.
キーワード (和) 話者照合 / ポップノイズ検出 / 声の生体検知 / 音素情報 / / / /  
(英) Speaker verification / Pop-noise detection / Voice liveness detection / Phoneme information / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 517, SP2017-94, pp. 57-62, 2018年3月.
資料番号 SP2017-94 
発行日 2018-03-12 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP EA SP MI  
開催期間 2018-03-19 - 2018-03-20 
開催地(和) 石垣島 ホテルミヤヒラ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 [SIP,EA,SP]/ 医用画像工学一般 [MI] 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics [SIP, EA, SP]/ Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. [MI] 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2018-03-SIP-EA-SP-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 話者照合のための話者性を考慮した音素情報に基づくポップノイズ検出法を用いたテキスト依存型声の生体検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Text-dependent voice liveness detection based on pop-noise detector considering speaker-dependent phoneme information for speaker verification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 話者照合 / Speaker verification  
キーワード(2)(和/英) ポップノイズ検出 / Pop-noise detection  
キーワード(3)(和/英) 声の生体検知 / Voice liveness detection  
キーワード(4)(和/英) 音素情報 / Phoneme information  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 紫穂野 / Shihono Mochizuki / モチヅキ シホノ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-19 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2017-111,IEICE-SIP2017-120,IEICE-SP2017-94 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.515(EA), no.516(SIP), no.517(SP) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2018-03-12,IEICE-SIP-2018-03-12,IEICE-SP-2018-03-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会