電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 13:25
木構造手法のデータ発生・ルール導出検証モデルへの適用と考察
川口翔也加藤裕一島根大)・佐伯徹郎山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 木構造手法は, 目的変数に対し何等かの基準でこの目的変数に関与する説明変数を再帰的に分割しながら判別モデルを構築する統計的手法である。この木構造は最終的には,if-then形式のプロダクションルールに整理できる。一方古典的ラフ集合理論を統計的に解釈したSTRIM(Statistical Test Rule Induction Method)によるif-thenルール導出法が提案され,その正当性と古典的ラフ集合理論によるルール導出性能との差異や関係を,データ発生・ルール導出検証モデルで考察している。本研究は,木構造手法もif-thenルール導出法の一つであるという立場から,木構造モデル発展の出発点となっているCART法をデータ発生・ルール導出検証モデルに適用して,そのルール導出性能の特性と問題点を考察している。更にこれを実データに適用した一例を示すと共に,従来のSTRIMとも性能比較している。 
(英) A conventional tree based method is a statistical method of constructing a classification model while recursively dividing a dataset based on explanatory variables relating to their response variable with some criteria for the response variable. Finally, this tree structure induces a lot of if-then rules with production forms. On the other hand, we proposed an if-then rule induction method based on STRIM (Statistical Test Rule Induction Method) which statistically interpreted the classical rough set theory, and studied the validity of STRIM based on a simulation model for data generation and verification of induced rules and the differences and/or relationships between the rule induction performances by the classical and STRIM. In this paper, the CART (Classification And Regression Trees) method which is a basic method of the tree based method is also studied based on the simulation model and its performance and problems are clarified by comparing with those of STRIM. Furthermore, both methods are applied to a real-world dataset and their performances and comparisons are considered in line with the results of the simulation.
キーワード (和) CART法 / ラフ集合 / if-thenルール / 不純尺度 / STRIMアルゴリズム / / /  
(英) CART method / Rough Sets / if-then rule / Impurity / STRIM Algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 506, MSS2017-92, pp. 77-82, 2018年3月.
資料番号 MSS2017-92 
発行日 2018-03-05 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 木構造手法のデータ発生・ルール導出検証モデルへの適用と考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Tree based Model to a Model for Data Generation and Verification of Induced Rules and its Considerations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CART法 / CART method  
キーワード(2)(和/英) ラフ集合 / Rough Sets  
キーワード(3)(和/英) if-thenルール / if-then rule  
キーワード(4)(和/英) 不純尺度 / Impurity  
キーワード(5)(和/英) STRIMアルゴリズム / STRIM Algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 翔也 / Shoya Kawaguchi / カワグチ ショウヤ
第1著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 裕一 / Yuichi Kato / カトウ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 島根大学 (略称: 島根大)
Shimane University (略称: Shimane Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 徹郎 / Tetsuro Saeki /
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2017-92 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会