電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-14 10:05
作業スタッフの行動ログを用いた時空間状況認識の性能向上について
早貸 舜平石邦彦内平直志北陸先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,情報技術の発達により,生産,医療などの様々な分野において,ICTデバイスを用いた作業スタッフのアシスト技術の導入が期待されている.本研究の先行研究は介護施設にて複数の介護士の位置情報を含む行動ログから作業状況を認識する技術を開発し,介護現場での異常検知などに貢献した.しかし,実験データの量が少ないため,認識技術の十分な検証が行われていなかった.また,作業内容の推定を主な作業場所と作業が行われる時間帯の情報のみを用いて行っているため,推定精度が不十分であった.そこで,本研究では,従来法の検証および改善を目指す.また,先行研究の実験データに対して,作業場所,時間帯以外の情報も用いた際の作業内容の推定精度の検証を行う.上記を達成する手段として,従来法の検証および改善には,スタッフの行動ログを出力するシミュレータを作成し,シミュレーションデータを用いる.作業内容の推定精度の検証には,作業場所,時間帯以外の情報として,介護士の作業中の音声つぶやきデータを用いる. 
(英) Recently, assist technologies for work staff using ICT devices is expected to be introduced into various real fields. In the previous research, the technology to recognize the work situation using behavior logs of multiple caregivers is proposed, and this technology contributes to abnormality detection. But, this technology is not sufficiently verified because the amount of experiment data was small. In addition, the estimation accuracy of work contents is low because the work contents had to be estimated only from the main work place and work time zone. Therefore, in the proposal research, we aim to verify and improve the effect of previous method. In addition, regarding the experiment data, we verify whether more accurate estimation of care contents is possible by using information other than work place and work time. As means for achieving the above objectives, regarding verification and improvement of the effect of previous method, we use discrete event simulator that generates behavior logs of work staff. Regarding verifying whether more accurate estimation of care contents, we use the caregiver’s tweet data as information other than work place and work time.
キーワード (和) 特徴抽出 / シチュエーションアウェアネス / 音声つぶやき / / / / /  
(英) Feature Extraction / Situation Awareness / Voice Tweet / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 506, MSS2017-90, pp. 67-72, 2018年3月.
資料番号 MSS2017-90 
発行日 2018-03-05 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 作業スタッフの行動ログを用いた時空間状況認識の性能向上について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Spaito-Temporal Situation Recognition Using Staff's Behavior Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 特徴抽出 / Feature Extraction  
キーワード(2)(和/英) シチュエーションアウェアネス / Situation Awareness  
キーワード(3)(和/英) 音声つぶやき / Voice Tweet  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早貸 舜 / Shun Hayakashi / ハヤカシ シュン
第1著者 所属(和/英) 北陸先端大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平石 邦彦 / Kunihiko Hiraishi / ヒライシ クニヒコ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内平 直志 / Naoshi Uchihira / ウチヒラ ナオシ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-14 10:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2017-90 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会