電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 14:55
定理証明器Princessを用いた組込みアセンブリプログラムのリアルタイム安全性の演繹的検証
小田島直樹金沢大)・福田岳飛金沢錦丘高校)・山根 智金沢大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 組込みシステムでは, 論理的正当性だけではなく, リアルタイム性の検証が重要である. 本論文では, 組込みプログラムのリアルタイム性の検証を目的に, 以下のような
離散時間のリアルタイム性を検証する演繹的検証の手法を提案する.
(1)まず, 組込みアセンブリプログラムから実行時間を付与した状態遷移モデルを
構築する.
(2)次に, 状態遷移モデルを対象に, Princessを用いてRTLTL式の演繹的検証を行う. 
(英) It is important to verify both the correctness and real-time properties for embedded systems.
In this paper, we propose deductive verification method in order to verify real-time safety properties based on discrete time as folllows:
(1)First we construct a state transition system including the execution time.
(2)Next we verify whether a state transition system satisfies RTLTL formulas by deductive verification using Princess.
キーワード (和) 組込みアセンブリプログラム / リアルタイム性安全検証 / 演繹的検証 / 定理証明器 / Princess / 時相論理 / /  
(英) embedded assembly program / verifying real-time safety properties / deductive verification / Teorem prover / Princess / temporal logic / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 506, MSS2017-84, pp. 35-40, 2018年3月.
資料番号 MSS2017-84 
発行日 2018-03-05 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 定理証明器Princessを用いた組込みアセンブリプログラムのリアルタイム安全性の演繹的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deductive Verification of real-time safety properties for embedded assembly program using theorem prover Princess 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組込みアセンブリプログラム / embedded assembly program  
キーワード(2)(和/英) リアルタイム性安全検証 / verifying real-time safety properties  
キーワード(3)(和/英) 演繹的検証 / deductive verification  
キーワード(4)(和/英) 定理証明器 / Teorem prover  
キーワード(5)(和/英) Princess / Princess  
キーワード(6)(和/英) 時相論理 / temporal logic  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田島 直樹 / Naoki Odajima / オダジマ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 岳飛 / Gakuhi Fukuda / フクダ ガクヒ
第2著者 所属(和/英) 金沢錦丘高校 (略称: 金沢錦丘高校)
Kanazawa Nishikigaoka High School (略称: Kanazawa Nishikigaoka)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 智 / Satoshi Yamane / ヤマネ サトシ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2017-84 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会