電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 14:15
多変数非線形時系列データの変化点検出
小寺 怜中村知道兵庫県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 世の中の現象の多くは,時間と共に不規則な変動をしている.
それらの不規則な変動に何らかの相関構造があるとき,それらは何らかのシステムから発生していると考えられる.
さらに,そのシステムの状態は常に同じとは限らず,時々変化することも考えられる.
従って,そのシステムの状態の変化を検知することは,その現象を理解する上で重要な役割を果たす.
現象の中にはその基本原理が十分に分かっていないため,数学や物理の数式になっていないものが多くあるが,多くの場合,現象の振る舞いを時系列データとして記録出来る.
本稿ではこのような状況を想定し,時系列データのみを用いてシステムの状態変化の検出を行う.
時系列データを用いてデータの状態変化を検知する手法として,``局所定常 auto-regressive~(AR)モデル''が提案されており,様々なデータに適応されている.
しかし,この手法はデータの非線形性や多変数データを処理することが
困難であるといった問題がある.
そこで本稿では,上述の問題を改善する新手法を提案し,その有効性をシミュレーションデータによって検証し,実データへ応用した. 
(英) There are many natural phenomena that show irregular fluctuations.
We expect that the data are generated by a system.
The state of the system is not always the same and
it might change from time to time.
Hence, detecting the changing points in the state of the system
has a significant role in understanding the phenomenon.
In this paper, we propose a method to detect the changing points
in the multivariate nonlinear time series data.
キーワード (和) 時系列解析 / 局所定常モデル / 変化点検出 / / / / /  
(英) Time series analysis / change-point detection / locally stationary model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 505, NLP2017-108, pp. 37-42, 2018年3月.
資料番号 NLP2017-108 
発行日 2018-03-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多変数非線形時系列データの変化点検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detecting changing points in multivariate nonlinear time series 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時系列解析 / Time series analysis  
キーワード(2)(和/英) 局所定常モデル / change-point detection  
キーワード(3)(和/英) 変化点検出 / locally stationary model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 怜 / Rei Kotera / コテラ レイ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 知道 / Tomomichi Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-108 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会