電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 09:40
発音記述と基礎語彙による言語分類の比較とその統合手法の性能評価
原添修司山口大)・呉 靭山口短大)・松野浩嗣山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 言語変化のモデルには隣接する言語間の相互影響を前提としない系統樹説によるものと、それを前提とした波紋説によるものがある。系統樹説では、社会変化などによる外的影響を受けず時間耐性のある基礎語彙を用いた分類が多く行われている。しかし、実際には隣接した地域の言語変化は確認されており、言語接触の影響は無視できない。そこで本研究では波紋説に基づく言語分類を試みた。この目的に利用できる適当なデータが見当たらないこと から、調査対象言語について、その発音をローマ字で記述したデータを独自に作成した。このデータと基礎語彙を組み合わせた場合の分類性能について調査したので報告する。 
(英) There are two models of language evolution, the tree model and the wave model, the former model does not assume interaction between languages,while the latter model does.In the tree model, basic vocabulary has been frequently used for language classification, because basic vocabulary is hard to be influenced by time as well as by social trend.However,in fact, language interactions exist between adjacent areas. Hence we tried to do employ the wave mode for more precise language classification.Since there was no suitable data available for this purpose, we created data by describing the pronunciation of the target language in Roman characters.We investigated the performance of classification by the combination of these two models.
キーワード (和) 言語系統樹 / 基礎語彙 / 系統樹説 / 波紋説 / / / /  
(英) Language-family tree / Wave model / Tree model / Basic vocabulary / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 506, MSS2017-83, pp. 31-34, 2018年3月.
資料番号 MSS2017-83 
発行日 2018-03-05 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発音記述と基礎語彙による言語分類の比較とその統合手法の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Classification method comparison of world languages by word pronunciation-based description and basic vocabulary 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語系統樹 / Language-family tree  
キーワード(2)(和/英) 基礎語彙 / Wave model  
キーワード(3)(和/英) 系統樹説 / Tree model  
キーワード(4)(和/英) 波紋説 / Basic vocabulary  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原添 修司 / Syuji Harazoe / ハラゾエ シュウジ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi UniverSity (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 靭 / Ren Wu / ゴ ジン
第2著者 所属(和/英) 山口短期大学 (略称: 山口短大)
Yamaguchi Junior College (略称: Yamaguchi J.C.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 浩嗣 / Hiroshi Matsuno / マツノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi UniverSity (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2017-83 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.506 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MSS-2018-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会