電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-13 10:20
水滴落下系カオスの最小ポテンシャルモデル
西田直樹清野 健阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 蛇口からポタポタと滴り落ちる水滴の落下時間間隔は決定論的カオスを示し,その起源が研究されてきた.これまで,この系のカオスアトラクタの引き延ばしと折り畳み機構を説明するため,サドルをもつポテンシャル曲面の存在が示唆されていたが,その物理的起源は明らかにされていなかった.本稿ではこのポテンシャル曲面が,水滴の静的平衡解を記述するYoung-Laplaceの式から導出される最低ポテンシャル曲面と一致することを示す.このことは,この系のカオス的振る舞いが準静的な水滴の変形を考えるだけで説明できることを意味する.ここではさらに,最低ポテンシャル曲面を仮定した数理モデルを導入し,このモデルが示す非線形現象について議論する. 
(英) The mechanism of deterministic chaos observed in a dripping water faucet has been investigated. In the previous studies, as a possible mechanism, the existence of a potential surface with a valley and a ridge has been suggested. However, its origin has not been understood. In this paper, we show that this potential surface is equivalent to the lowest potential surface derived from the Young-Laplace equation describing static equilibrium drop formations. Based on this finding, we introduce a mathematical model with a potential surface with a valley and a ridge and show that this model can reproduce the nonlinear phenomena observed in the dripping faucet system.
キーワード (和) カオス / 水漏れ蛇口 / / / / / /  
(英) Chaos / Dripping Faucet / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 505, NLP2017-101, pp. 1-4, 2018年3月.
資料番号 NLP2017-101 
発行日 2018-03-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS NLP  
開催期間 2018-03-12 - 2018-03-14 
開催地(和) 大阪大学豊中キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) SICE-DES研究会,IEICE-NLP, MSSの3研究会併催,一般および Work In Progress(WIP) ※(WIPセッションはDES,MSSのみ.「詳細はこちら」参照) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-03-MSS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水滴落下系カオスの最小ポテンシャルモデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Minimum potential model for chaotic dripping faucet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(2)(和/英) 水漏れ蛇口 / Dripping Faucet  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 直樹 / Naoki Nishida / ニシダ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清野 健 / Ken Kiyono / キヨノ ケン
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-13 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-101 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.505 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2018-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会