電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 11:00
ノイズを考慮したシャドーアップ関数に基づく画像コントラスト強調
簡 健丞木下裕磨塩田さやか貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では、ノイズを考慮したシャドーアップ関数に基づく画像コントラスト強調法を提案する。現在一
般に用いられている撮像センサのダイナミックレンジは、現実シーンのダイナミックレンジと比べ極めて狭い。その
ため、撮影される画像は低輝度あるいは高輝度領域におけるコントラストが低くなってしまう。その問題を解決する
ため、様々なコントラスト強調法が提案されている。しかしながら、従来の強調法には、コントラストの過強調によ
り明るい領域の細部が失われてしまう問題がある。また、多くの強調法は、ノイズの影響を考慮していないため、画
像中の暗い領域に含まれるノイズを増幅してしまう問題がある。提案法では、シャドーアップ関数を用いることによ
り、明るい領域の細部を失うことなしに、コントラストを強調する。さらに、ノイズを考慮したヒストグラムに基づ
くマッピング関数の設計が、ノイズの強調を抑制しつつ暗部のコントラスト向上できることを示す。生成される画像
の品質とノイズに対する頑健性の観点から従来法との比較実験を行い、提案法の有効性が示される。 
(英) This paper proposes a novel image contrast enhancement method based on a noise aware shadow-up
function. Images taken by digital cameras have low contrast in dark or bright regions. This is due to a limited
dynamic range which imaging sensors have. For this reason, various contrast enhancement methods have so far been
proposed. However, conventional enhancement methods cause the loss of details in bright regions due to over-en-
hancement of contrast. In addition, most of conventional methods amplify noise in dark regions because they do not
consider noise included images. The proposed method can enhance the image contrast without over-enhancement
and noise amplification. In the proposed method, a shadow-up function is used for preventing over-enhancement
and the loss of details in bright regions. In addition, a mapping function designed by using a noise aware histogram
allows not only to enhance contrast of dark region, but also to avoid amplifying noise. Experimental results show
the effectiveness of the proposed method by comparing the proposed ones with conventional ones.
キーワード (和) コントラスト強調 / 画像強調 / ノイズ / シャドーアップ関数 / / / /  
(英) Contrast enhancement / Image enhancement / Noise aware / Shadow-up function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 432, IE2017-113, pp. 245-250, 2018年2月.
資料番号 IE2017-113 
発行日 2018-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-02-ITS-IE-MMS-HI-ME-AIT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ノイズを考慮したシャドーアップ関数に基づく画像コントラスト強調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image contrast enhancement based on noise aware shadow-up function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントラスト強調 / Contrast enhancement  
キーワード(2)(和/英) 画像強調 / Image enhancement  
キーワード(3)(和/英) ノイズ / Noise aware  
キーワード(4)(和/英) シャドーアップ関数 / Shadow-up function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 簡 健丞 / Chiencheng Chien / カン ケンショウ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 裕磨 / Yuma Kinoshita / キノシタ ユウマ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 さやか / Sayaka Shiota / シオタ サヤカ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 11:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2017-81,IEICE-IE2017-113 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.431(ITS), no.432(IE) 
ページ範囲 pp.245-250 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2018-02-08,IEICE-IE-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会