電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-15 15:00
符号化欠損領域情報の自動検出を想定した医用画像診断の基礎検討
河畑則文中口俊哉千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 医用画像における符号化欠損や劣化は,工学的な画像と比べ,各々特性や性質,使用状況が異なる.そのため,従来の人間の眼による判断に加え,コンピュータによる自動診断システムを構築する必要がある.一方,医学の分野では,CTやMRIの発展により,身体の断面画像を数十秒で撮影,取得可能になり,病変の早期検出を可能にした.特に,腹腔鏡手術等の外科手術支援のために,医工学的な画像処理技術に基づく新しい診断法が必要になってきた.本稿では,内視鏡で撮影された腹腔鏡動画像からフレーム静止画像として切り出した医用画像を用いて,ある画像領域において,H.265/HEVC符号化を行い,符号化欠損領域情報の自動検出を想定して,どの程度であれば検出可能であるかをPSNRに基づき,符号化画質の観点から,客観的に評価を行い,最後に,医用画像診断に関する考察を行った. 
(英) The coded defect and degradation in the medial imaging field is each differenced for characteristics, nature, and status of use, comparing to image in the engineering field. Therefore, the automatic diagnosis system by computer is needed in addition to judgement by human eyes previously. In the medical field, development of CT, MRI is enable to film and retrieve cross-sectional body image by about 10 seconds, and they are enable to detect lesions in early stage. Particularly, new medical image diagnosis based on image processing technology in the medical engineering is needed to assist laparoscopic surgery. In this paper, we used medical images as a frame still image cut from laparoscopic video filmed endoscope. First, we encoded and decoded for these images by H.265/HEVC, and then, we assessed objectively based on PSNR considering the coded image quality whether the automatic detection of coded defect region information is possible or not. Finally, we discussed for medical image diagnosis.
キーワード (和) 腹腔鏡画像 / 画像領域 / H.265/HEVC / PSNR / コンピュータ支援診断 / 医用画像診断 / /  
(英) Laparoscopic Image / Image Region / H.265/HEVC / PSNR (Peak Signal to Noise Ratio) / Computer-Aided Diagnosis / Medical Image Diagnosis / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 432, IE2017-106, pp. 77-82, 2018年2月.
資料番号 IE2017-106 
発行日 2018-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2018-02-ITS-IE-MMS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号化欠損領域情報の自動検出を想定した医用画像診断の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fundamental Study on Medical Image Diagnosis for Automatic Detection of Coded Defect Region Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腹腔鏡画像 / Laparoscopic Image  
キーワード(2)(和/英) 画像領域 / Image Region  
キーワード(3)(和/英) H.265/HEVC / H.265/HEVC  
キーワード(4)(和/英) PSNR / PSNR (Peak Signal to Noise Ratio)  
キーワード(5)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer-Aided Diagnosis  
キーワード(6)(和/英) 医用画像診断 / Medical Image Diagnosis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 俊哉 / Toshiya Nakaguchi / ナカグチ トシヤ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-15 15:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2017-74,IEICE-IE2017-106 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.431(ITS), no.432(IE) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2018-02-08,IEICE-IE-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会