電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 13:35
動的環境下でのセンサ付き粒子群オプティマイザの探索特徴
章 宏九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動的環境下で粒子群オプティマイザの探索を実施するには,先行研究として著者が三つのセンサ付き粒子群オプティマイザ,即ちparticle swarm optimizer with sensors (PSOS),particle swarm optimizer with inertia weight with sensors (PSOIWS)とcanonical particle swarm optimizer with sensors (CPSOS)を提案した.本稿では,これらの方法を用いてより良い探索性能と効率化を実現するため,得られる探索情報とセンサ情報を生かし,変動する最良解(移動目標)の最もベストの移動位置を決定する.これに基づいて速やかに移動目標を追跡することができる.シミュレーション実験において,センサの設定パラメータ(個数,感知距離)を変化させて,変速8形追跡問題に対して各方法の探索特徴を調べる. 
(英) In order to perform the search of particle swarm optimizer under dynamic environment, as a previous study, author has proposed three methods which are particle swarm optimizer with sensors (PSOS), particle swarm optimizer with inertia weight with sensors (PSOIWS) and canonical particle swarm optimizer with sensors (CPSOS), respectively. For realizing better search performance and efficiency by using these methods, in this paper, we combine the obtained search information and sensor information to determine the most position of the changed best solution (moving target during the search process. Then, based on the measured results, it is possible to track the moving target promptly. In our simulation experiments, with changing the parameters (number, sensing distance) of the sensors, we investigate the search feature of each method against the variable speed 8 type of tracking problems. Based on analyzing results, we reveal the outstanding tracking ability of PSOIWS and CPSOS methods.
キーワード (和) 群知能 / 粒子群最適化 / センサ / 追跡能力 / 累積適合度 / / /  
(英) swarm intelligence / particle swarm optimization / sensor / tracking ability / cumulative fitness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 417, NC2017-63, pp. 77-82, 2018年1月.
資料番号 NC2017-63 
発行日 2018-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的環境下でのセンサ付き粒子群オプティマイザの探索特徴 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Search Feature of Particle Swarm Optimizer with Sensors in Dynamic Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 群知能 / swarm intelligence  
キーワード(2)(和/英) 粒子群最適化 / particle swarm optimization  
キーワード(3)(和/英) センサ / sensor  
キーワード(4)(和/英) 追跡能力 / tracking ability  
キーワード(5)(和/英) 累積適合度 / cumulative fitness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 章 宏 / Hiroshi Sho /
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-63 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会