電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 13:10
スタイル特徴抽出ネットワークを用いた画像のスタイル変換
田中翔也萩原将文慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、スタイル特徴抽出ネットワークを用いた画像のスタイル変換手法を提案する。画像のスタイル変換は近年研究が盛んに行われており、コンテンツ画像に描かれた物体の配置をそのままに、スタイル画像のスタイルに変換する技術である。従来の研究では、コンテンツ特徴とスタイル特徴の抽出に物体認識タスクで学習済みモデルを利用していた。しかし、従来の研究は、1つのネットワークよりコンテンツ特徴とスタイル特徴を抽出することから、コンテンツ情報が欠落し、生成画像が不自然になる場合があった。そこで、本稿では、スタイル特徴抽出に画家分類タスクで学習済みのモデルを用いることで、コンテンツ特徴を損なわず、自然な画像を生成するネットワークを提案する。主観評価実験により、従来の研究に比べ、コンテンツ特徴を損なわず、より自然な画像を生成可能であることが確認された。 
(英) In this paper, we propose style transfer using style extraction network. Recently, research on style transfer that renders the semantic content of an image in different image has become active. In the conventional research, because two kinds of features were extracted from one network, semantic contents of an image tend to be faded out and sometimes unnatural images are generated. Therefore, in this paper, we propose style extraction network trained by painter classification task to extract style feature. It is confirmed that more natural images can be generated without fading out semantic content of an image.
キーワード (和) 畳み込みニューラルネットワーク / スタイル変換 / / / / / /  
(英) Convolutional Neural Network / style transfer / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 417, NC2017-62, pp. 71-76, 2018年1月.
資料番号 NC2017-62 
発行日 2018-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スタイル特徴抽出ネットワークを用いた画像のスタイル変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Style Transfer Using Style Extraction Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 畳み込みニューラルネットワーク / Convolutional Neural Network  
キーワード(2)(和/英) スタイル変換 / style transfer  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 翔也 / Shoya Tanaka / タナカ ショウヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 将文 / Masafumi Hagiwara / ハギワラ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-62 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会