電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 11:20
眼光学系‐錐体モザイクの数理モデル
熊谷 澪神山斉己愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 網膜上で錐体視細胞は,光情報を電気信号へ変換する役割を担っており,波長感度の異なる3 種類のサブタイプ(L 錐体,M 錐体,S 錐体) の働きによって,ヒトの脳は色を識別する.これら錐体視細胞は,網膜上でサイズや密度に特徴がみられることが分かっている.網膜像は,眼光学系を通過することで収差が生じるため,眼光学特性は錐体視細胞の光応答に大きな影響を与えると考えられる.しかし,収差が視覚情報処理にどのような影響を及ぼしているかは未だ明らかにされていない.そこで本研究では,眼光学系モデルと錐体モザイクモデルを統合した数理モデルを構築し,シミュレーションによって収差が視覚情報処理に及ぼす影響を情報量により定量的に解析した. 
(英) Cone photoreceptors convert the retinal image into electrical signals. Cones show the maximum light sensitivities to either long(L), medium(M), or short(S) wavelength, which mediate color vision. The cones are forming a distinctive spatial arrangement on the retina, a cone mosaic. When light passes through the eye optics, the retinal image is blurred by aberrations. However, the relationship between the influence of aberrations and visual information processing has not been fully elucidated. We developed a mathematical model of the cone mosaic with eye optics, based on the anatomical and physiological characteristics of the cones. By using this model, we analayzed the influence of aberration on the visual processing.
キーワード (和) 錐体視細胞 / 数理モデル / 眼光学特性 / シミュレーション / 相互情報量 / / /  
(英) cone / computational model / eye optics / simulation / mutual information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 417, NC2017-61, pp. 65-70, 2018年1月.
資料番号 NC2017-61 
発行日 2018-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼光学系‐錐体モザイクの数理モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mathematical model of the retinal cone mosaic with eye optics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 錐体視細胞 / cone  
キーワード(2)(和/英) 数理モデル / computational model  
キーワード(3)(和/英) 眼光学特性 / eye optics  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(5)(和/英) 相互情報量 / mutual information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 澪 / Mio Kumagai / クマガイ ミオ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神山 斉己 / Yoshimi Kamiyama / カミヤマ ヨシミ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-61 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会