電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 13:10
Ru錯体による培養細胞組織中の酸素濃度勾配イメージング法の検討
大久保魁馬靏野雄介藤原隆祐井上海大山岡禎久高橋英嗣佐賀大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 固形腫瘍組織内に形成される酸素濃度勾配を誘導因子として,腫瘍細胞が微小血管に向け方向性に遊走する可能性をin vitroで検討している.本研究では,新しく開発したデバイス(GCG)により培養細胞組織内に形成される酸素濃度勾配をルテニウム(Ru)錯体を用いた酸素の蛍光イメージングから検討した.酸素濃度勾配は単位体積あたりの細胞の酸素消費量に依存することから,①細胞密度の変化,②酸素消費量の異なる細胞株の使用,③ミトコンドリア呼吸阻害薬の使用,に際しGCG直下の酸素濃度をイメージングしたところ,予測される酸素濃度勾配変化が見られた.以上より,Ru錯体を用いた酸素イメージングの有用性が示された. 
(英) To investigate the possibility that tumor cells migrate toward intratumor blood vessels according to the gradient of oxygen concentration in tissue, we devised the gap cover glass (GCG) that allows to produce gradients of oxygen in the monolayer cultured cells. To verify the oxygen gradients, we conducted oxygen imaging in the extracellular medium in cultured MDA-MB-231 and COS-7 cells using a ruthenium complex under conditions of different cell density, cell species, or cellular respiration, all of which significantly alter the oxygen consumption rate per unit volume of the cell. The measured oxygen gradients were consistent with the changes in the oxygen consumption rate. Thus, we conclude that the GCG produces gradients of oxygen in monolayer cultured cells.
キーワード (和) 腫瘍細胞 / 酸素濃度勾配 / 方向性遊走 / 酸素イメージング / / / /  
(英) tumor cells / oxygen gradients / migration / oxygen imaging / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 416, MBE2017-75, pp. 47-52, 2018年1月.
資料番号 MBE2017-75 
発行日 2018-01-19 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ru錯体による培養細胞組織中の酸素濃度勾配イメージング法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Imaging of oxygen gradients in cultured cell tissue by the Ru complex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腫瘍細胞 / tumor cells  
キーワード(2)(和/英) 酸素濃度勾配 / oxygen gradients  
キーワード(3)(和/英) 方向性遊走 / migration  
キーワード(4)(和/英) 酸素イメージング / oxygen imaging  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 魁馬 / Kaima Okubo / オオクボ カイマ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 靏野 雄介 / Yusuke Tsuruno / ツルノ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 隆祐 / Takahiro Fujiwara / フジワラ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 海大 / Umihiro Inoue / イノウエ ウミヒロ
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 禎久 / Yoshihisa Yamaoka / ヤマオカ ヨシヒサ
第5著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英嗣 / Eiji Takahashi / タカハシ エイジ
第6著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2017-75 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会