電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 10:20
構造的ネットワークを制約に加えた安静時電流源推定法の提案
鈴木啓大奈良先端大/ATR)・山下宙人ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 脳磁図を対象とした電流源推定問題は,一般的に観測変数よりも推定変数の方が多い劣決定な逆問題として記述される.この問題を解くため,様々な制約を用いた推定手法が提案されてきた.しかしながら,従来手法の多くはタスク時の電流源推定に適しているものの,未だ安静時の脳活動に適した手法は提案されていない.実際の安静時脳活動のダイナミクスを考えると,各電流源は神経束からなる構造的結合によって繋がっており,その長さに従った時間遅れを伴って電流の遷移が起こっていると考えられる.そこで我々は構造的結合を制約として加えた安静時脳活動に対してロバストな電流源推定手法を提案する.本報告ではシミュレーションデータによって提案手法を評価した結果を記す. 
(英) Current source estimation problem of Magnetoencephalography is defined as an ill-posed inverse problem because the signal source dimension is generally presumed to be higher than the observation dimension. In order to solve this problem, many kinds of constraints have been proposed. However, almost all proposed methods are suitable for task-related brain activity and there is no method which optimized for resting-state yet. Considering the actual resting-state dynamics, each source is connected through structural connectivity composed of nerve bundles and communicated with time delay according to length of connectivity. Therefore, we propose a source estimation method which achieve the robust estimation for resting-state using structural connectivity. We demonstrate the performance of estimation using simulation data.
キーワード (和) 脳磁図 / 電流源推定 / 拡散強調MRI / 安静時脳活動 / / / /  
(英) MEG / current estimation / diffusion MRI / resting-state / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 417, NC2017-59, pp. 53-57, 2018年1月.
資料番号 NC2017-59 
発行日 2018-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 構造的ネットワークを制約に加えた安静時電流源推定法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Resting-state MEG Current Source Estimation Method using Brain Structural Connectivity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳磁図 / MEG  
キーワード(2)(和/英) 電流源推定 / current estimation  
キーワード(3)(和/英) 拡散強調MRI / diffusion MRI  
キーワード(4)(和/英) 安静時脳活動 / resting-state  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 啓大 / Keita Suzuki / スズキ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学/国際電気通信基礎技術研究所 (略称: 奈良先端大/ATR)
Nara Institute of Science and Technology/Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: NAIST/ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 宙人 / Okito Yamashita / ヤマシタ オキト
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-59 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会