電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-27 14:00
Nitoroazobenzene S1の細胞毒性試験によるPhotoswitch・BENAQ合成で要求される精製純度の検討
吉村優里奈土井春奈九大)・寺澤靖雄ニデック)・田代洋行九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、光学的な神経刺激 (Optical Nerve Stimulation) が研究され、電気刺激で困難であった高密度な神経刺激の実現が期待されている。PhotoswitchによるOptical Nerve Stimulationは、Photoactive Molecule (BENAQ、DENAQ) により神経細胞に光応答性を付与する。本研究では、BENAQ合成に使用する出発物質Nitroazobenzene S1の細胞毒性試験を行い、細胞毒性を示さないNitroazobenzene S1の濃度から、BENAQ合成過程で要求される精製純度を検討した。10 µmol/L以上のNitroazobenzene S1を添加した培地による培養では、培地のみで培養したときのコロニー形成数と比較し有意にコロニー形成数が減少した (有意水準5%) 。細胞毒性を示さないためには、rd1マウス網膜に対する最大効果濃度100 µmol/LのBENAQ中に残留するNitroazobenzene S1の残留濃度が10µmol/L 未満である必要がある。BENAQ合成には、Nitroazobenzene S1精製時に90%以上の純度が要求される。 
(英) Recently, optical nerve stimulation is intensively developed and it is expected to realize high-density nerve stimulation which is difficult by electrical stimulation. Photoswitch with photoactive molecule called BENAQ or DENAQ provides photoresponsiveness to nerve cells. In this study, we performed cytotoxicity test of Nitroazobenzene S1 as a starting substance used for synthesis of BENAQ, and then investigate purity required for the BENAQ synthesis process. In the culture with 10 μmol/L-Nitroazobenzene S1 in the medium, the number of colony formation significantly decreased compared with it cultured only with medium, at significance level 5%. Therefore, it is necessary that the residual concentration of Nitroazobenzene S1 remaining in 100 μmol/L-BENAQ as maximum effect for the retina of rd1 mouse retina is less than 10 μmol/L. For BENAQ synthesis, purity of 90% or more is required for purification of Nitroazobenzene S1.
キーワード (和) V79細胞 / 細胞毒性試験 / 分取クロマトグラフィー / 光神経刺激 / BENAQ / / /  
(英) V79 Cell / Cytotoxicity Test / Preparative Chromatography / Optical Nerve Stimulation / BENAQ / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 416, MBE2017-77, pp. 59-64, 2018年1月.
資料番号 MBE2017-77 
発行日 2018-01-19 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Nitoroazobenzene S1の細胞毒性試験によるPhotoswitch・BENAQ合成で要求される精製純度の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on purity required for preparation process of photoswitch molecule (BENAQ) by cytotoxicity test of Nitroazobenzene S1 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) V79細胞 / V79 Cell  
キーワード(2)(和/英) 細胞毒性試験 / Cytotoxicity Test  
キーワード(3)(和/英) 分取クロマトグラフィー / Preparative Chromatography  
キーワード(4)(和/英) 光神経刺激 / Optical Nerve Stimulation  
キーワード(5)(和/英) BENAQ / BENAQ  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 優里奈 / Yurina Yoshimura / ヨシムラ ユリナ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 春奈 / Haruna Doi / ドイ ハルナ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺澤 靖雄 / Yasuo Terasawa / テラサワ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ニデック (略称: ニデック)
NIDEK CO., LTD. (略称: NIDEK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 洋行 / Hiroyuki Tashiro / タシロ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-27 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会