電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 17:20
PI制御された興奮性媒体を伝搬するパルス波の障害物に対するロバスト性解析
山本行馬小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 興奮性媒体に伝搬するパルス波は,スパイラルや時空カオスといった振る舞いをみせる.先行研究[H. Katsumata $ et al $., Phys. Rev. E (2017)]では,このパルス波を安定化するPI制御が提唱された.本報告では,PI制御下におけるパルス波のロバスト性を調査する.具体的には,幅が一定に保たれた状態で伝搬するパルス波が,障害物(拡散係数が小さい領域)に衝突した際の振る舞いを観察した.その障害物の形状や拡散係数とパルス波の振る舞いの関係を調査した. 
(英) Traveling wave segments in excitable media can be developed into spiral or spatio-temporal chaos. Katsumata $ et al. $ proposed a PI controller which stabilizes a traveling wave segment [H. Katsumata $ et al $., Phys. Rev. E (2017)]. The present report investigates robustness of the wave segment with PI control. We focus on the situation where the controlled waves with a desired width run into an obstacle. This obstacle is the area with low diffusion coefficient. We numerically investigate the relation between the wave behavior and the obstacle parameters.
キーワード (和) 興奮性媒体 / オレゴネータモデル / パルス波 / PI制御 / 障害物 / / /  
(英) excitable media / Oregonator model / propagating wave segments / PI control / obstacles / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 415, NLP2017-88, pp. 13-16, 2018年1月.
資料番号 NLP2017-88 
発行日 2018-01-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PI制御された興奮性媒体を伝搬するパルス波の障害物に対するロバスト性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robustness of a traveling wave segment to obstacles in excitable media with PI control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 興奮性媒体 / excitable media  
キーワード(2)(和/英) オレゴネータモデル / Oregonator model  
キーワード(3)(和/英) パルス波 / propagating wave segments  
キーワード(4)(和/英) PI制御 / PI control  
キーワード(5)(和/英) 障害物 / obstacles  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 行馬 / Ikuma Yamamoto / ヤマモト イクマ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefec. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefec. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara / ハラ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefec. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 17:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-88 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.415 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会