電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 16:30
複数オートマトン認識器を用いた心電図におけるR波および心室性期外収縮検出アルゴリズムの開発
パン ディビッド伊賀崎伴彦熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) れわれは,オートマトンに基づいた心電図R波検出アルゴリズムを開発している。しかし,同じ方法を用いて不整脈を検出するには限界がある。本研究では,構文的および統計的アプローチを組み合わせた複数オートマトン認識器を用いて,R波と心室性期外収縮を検出するアルゴリズムの拡張を行った。その結果,他者による先行研究よりも良好な陽性的中率,検出誤り率,精度を得ることができた。 
(英) e have been developing the detection algorithm of R peaks in electrocardiogram based on automata. However, there are limitations in using the same method to detect the arrhythmic beat. In this study, we present multiple automata recognizer in the combination of syntactical and statistical approach to extend the capability of the method to be able to detect the premature ventricular contraction beats in ECG as well. As results, we could obtain a better positive predictive value, detection error rate, and accuracy with the comparison to other methods.
キーワード (和) 心電図 / 心室性期外収縮 / 正常洞調律 / オートマトン認識器 / / / /  
(英) electrocardiogram (ECG) / premature ventricular contraction (PVC) / normal sinus rhythm (NSR) / automata recognizer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 416, MBE2017-68, pp. 13-17, 2018年1月.
資料番号 MBE2017-68 
発行日 2018-01-19 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 複数オートマトン認識器を用いた心電図におけるR波および心室性期外収縮検出アルゴリズムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of the detection algorithm of R-peak and PVC-beat in ECG based on multiple automata recognizers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 心電図 / electrocardiogram (ECG)  
キーワード(2)(和/英) 心室性期外収縮 / premature ventricular contraction (PVC)  
キーワード(3)(和/英) 正常洞調律 / normal sinus rhythm (NSR)  
キーワード(4)(和/英) オートマトン認識器 / automata recognizer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) パン ディビッド / David Pang / パン ダビド
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊賀崎 伴彦 / Tomohiko Igasaki / イガサキ トモヒコ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2017-68 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.416 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会