電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 16:55
音楽嗜好性脳波の脳波特徴について
早田孝明定久裕和辻 湧弥夏目季代久九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 私達は以前より脳波(Electroencephalogram:EEG)を用いて操作出来る音楽プレーヤーの開発を行っている.先行研究[辻他,信学技報,2017]では,楽曲を聞いている間と楽曲が好きか嫌いかを判断する間でEEG測定し解析を行った.その結果,音楽嗜好性に相関のあるEEGが見つかった.先行研究では,EEG特徴としてEEGパワーについて調べた.本研究では,EEG特徴として位相同期性に着目し,位相同期性が音楽嗜好性で異なるかどうか,またEEGパワーとの違いを明らかにした.位相同期性の指標としては,phase locking value (PLV)を用いた.その結果,1)嗜好判断時にPLVが“好き”,“嫌い”で有意に異なる電極間ペアが見つかった.2)その時,EEGパワーでは有意な変化が無い参加者もいたが,PLVでは有意な電極間ペアがあった.3)嗜好判断時,コントロール時と比較して,有意にPLVが変化した電極ペアが全てのEEGで見つかった.4)そのうちθ波PLVが変化した電極ペアの数が経時的に下がった時,その後,“好き”と判断する傾向があった.以上の結果より,EEGパワーに比べて位相同期性の方が音楽嗜好性を判別するEEG特徴として良い特徴であると思われる. 
(英) We have developed the music players that can be operated using electroencephalogram (EEG). In the previous research [Tsuji et al., IEICE, 2017], they measured EEG while the participants were listening to music and while the participants were judging whether they like or dislike the music. As a result, EEG correlated with the music preferences was observed. In the previous research, EEG power was examined as the EEG features. In this study, we focused on the phase synchrony as the EEG features, and we clarified whether the synchrony between the recording electrodes is different dependent on the music preferences. The phase locking value (PLV) was used as the index of phase synchrony. As a result, 1) there were the significant differences of PLV in “like” and “dislike” preferences in the judging period. 2) While in some participants EEG powers were not different between “like” and “dislike” preferences, there were some pairs of electrodes which have the significant differences in PLV. 3) At the preference judging period, the pairs of electrodes which have the significant differences in PLV were seen in all frequency bands of EEG. 4) Among them, in PLV in the θ wave, there was a tendency in which when the participants judged the music as "like” the number of electrode pairs which have the significant difference in PLV decreased. From these results, it is suggested that the phase synchrony would be a better feature than EEG power for you to discriminate the music preferences.
キーワード (和) 脳波 / 音楽嗜好性 / 脳波パワー / 同期 / 位相 / / /  
(英) Electroencephalogram / Music preference / Electroencephalogram Power / synchronization / Phase / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 415, NLP2017-87, pp. 7-12, 2018年1月.
資料番号 NLP2017-87 
発行日 2018-01-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音楽嗜好性脳波の脳波特徴について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The characteristics of the electroencephalogram related to the music preferences 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / Electroencephalogram  
キーワード(2)(和/英) 音楽嗜好性 / Music preference  
キーワード(3)(和/英) 脳波パワー / Electroencephalogram Power  
キーワード(4)(和/英) 同期 / synchronization  
キーワード(5)(和/英) 位相 / Phase  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早田 孝明 / Takaaki Hayata / ハヤタ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 定久 裕和 / Hirokazu Sadahisa / サダヒサ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 湧弥 / Yuya Tsuji / ツジ ユウヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 季代久 / Kiyohisa Natsume / ナツメ キヨヒサ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 16:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.415 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会