電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-26 13:50
Brain functional connectivity network flexibilityによる学習効果個人差の定量化
秋山暉佳九工大)・副島英子城東高校)・山﨑敏正九工大)・山本宇彦城東高校
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究の目的は,頭皮脳波によって構築されるbrain functional connectivity network (BFCN)の構造変化と個人の英語学習効果の関係を明らかにすることである.そのために,日本人学生15名について,英単語学習前後の19-ch頭皮脳波を計測した.学習前には日本語の意味が分からなかったが,学習後に分かった英単語に対する脳波によって得られるBFCNと,学習前後で意味の分からなかった英単語に対する脳波によって得られるBFCNの2層ネットワークを構築した.尚,ノード(電極)間のconnectivityはPhase Lag Indexによって算出された.更に,得られた2層ネットワークをmultilayer modularityによってモジュール分割し,各ノードについて,学習前後でモジュール割り当てが変化した回数をBFCN flexibilityとした.このflexibilityによって個人の英単語学習効果の評価を試みた. 
(英) This study addresses itself to clarify the relationship between structural changes of brain functional connectivity network (BFCN), which are constructed using scalp-recorded EEGs, and individual English language learning ability. 19-ch EEGs were recorded before and after English word learning in 15 Japanese students. We constructed a two-layer network consisting of the BFCN by EEGs during the English words whose Japanese meanings were not recalled both before and after the learning, and that by those whose meanings were not before the learning but recalled after the learning. The connectivity between any two nodes (electrodes) were calculated by Phase Lag Index. Then, the network was divided into non-overlapping modules by multilayer, and BFCN flexibility was defined to be the number of times that a node changed modular assignment. Finally, individual English word learning ability was quantified by the flexibility.
キーワード (和) 外国語学習 / EEG / brain functional connectivity network / multilayer modularity / flexibility / / /  
(英) foreign language learning / EEG / brain functional connectivity network / multilayer modularity / flexibility / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 417, NC2017-52, pp. 11-16, 2018年1月.
資料番号 NC2017-52 
発行日 2018-01-19 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC NLP  
開催期間 2018-01-26 - 2018-01-27 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化, ME,一般 
テーマ(英) ME, generalImplementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2018-01-MBE-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Brain functional connectivity network flexibilityによる学習効果個人差の定量化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Brain functional connectivity network flexibility predicts individual variability in learning ability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 外国語学習 / foreign language learning  
キーワード(2)(和/英) EEG / EEG  
キーワード(3)(和/英) brain functional connectivity network / brain functional connectivity network  
キーワード(4)(和/英) multilayer modularity / multilayer modularity  
キーワード(5)(和/英) flexibility / flexibility  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋山 暉佳 / Akiyoshi Akiyama / アキヤマ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 副島 英子 / Eiko Soejima / ソエジマ エイコ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学附属城東高校 (略称: 城東高校)
Jyoto High School (略称: Jyoto High School)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 敏正 / Toshimasa Yamazaki / ヤマザキ トシマサ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KyuTech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 宇彦 / Takahiko Yamamoto / ヤマモト タカヒコ
第4著者 所属(和/英) 福岡工業大学附属城東高校 (略称: 城東高校)
Jyoto High School (略称: Jyoto High School)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-26 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2017-52 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2018-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会