電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-23 13:10
[招待講演]メッセージ伝播復調法の新展開:期待値伝播法
竹内啓悟豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模MIMOシステムにおけるメッセージ伝播に基づく復調法の新しい方式として,期待値伝播法(EP)を紹介する.本稿でEPと呼ぶ復調法は2005年にOpperとWintherによって提案されていたが,近年,無線通信や圧縮センシングの分野で再発見された.確率伝播法に基づく従来の近似的メッセージ伝播法(AMP)と比べて,EPは計算量の増加を伴うものの,AMPよりも広いクラスの通信路行列に対して良好な収束特性を示す.本稿では,通信分野で馴染みのある並列干渉除去法(PIC)と比較することで,AMPやEPのメッセージ更新における特徴的な部分はどこかを明らかにし,数値実験によってAMPとEPとの特性比較を行う. 
(英) Expectation propagation (EP) is reviewed as a new demodulation scheme based on message passing in massive multiple-input multiple-output (MIMO) systems. An algorithm---called ``EP'' in this paper---was originally proposed by Opper and Winther in 2005. Recently, equivalent algorithms have been re-discovered in the field of wireless communications and of compressed sensing. EP has a good convergence property for a wider class of channel matrices than conventional approximate message passing (AMP) based on belief propagation, while EP results in higher complexity. In this paper, we start with parallel interference cancellation (PIC) well known in communications, and clarify important parts of message updates in AMP and EP. Furthermore, we present numerical comparisons in performance between AMP and EP.
キーワード (和) 大規模MIMO / 圧縮センシング / 近似的メッセージ伝播法 / 状態発展法 / / / /  
(英) massive MIMO / compressed sensing / approximate message passing (AMP) / expectation propagation (EP) / expectation propagation (EP) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 394, IT2017-97, pp. 249-254, 2018年1月.
資料番号 IT2017-97 
発行日 2018-01-15 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2018-01-22 - 2018-01-23 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2018-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) メッセージ伝播復調法の新展開:期待値伝播法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A New Development in Message-Passing Demodulation: Expectation Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模MIMO / massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(3)(和/英) 近似的メッセージ伝播法 / approximate message passing (AMP)  
キーワード(4)(和/英) 状態発展法 / expectation propagation (EP)  
キーワード(5)(和/英) / expectation propagation (EP)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 啓悟 / Keigo Takeuchi / タケウチ ケイゴ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-23 13:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2017-97,IEICE-SIP2017-105,IEICE-RCS2017-311 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2018-01-15,IEICE-SIP-2018-01-15,IEICE-RCS-2018-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会