電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-22 17:45
[招待講演]確率伝搬法による多次元信号検出
大鐘武雄西村寿彦小川恭孝北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMOシステムにおける空間多重信号の分離や,周波数選択性フェージングチャネルでの等化など,無線通信では多次元信号を検出する問題が多く存在する.近年,確率伝搬法を用いて多次元信号検出を行う例が見られるようになってきた.確率伝搬法では,ファクターグラフにおける変数ノードの信頼度を,変数ノードとファクターノード間のメッセージ交換によって徐々に高めていく.このような繰り返し手法の収束特性や安定性は常に議論の的となる.実際,ループが多く存在するMIMO信号検出では,収束が保証されない.チャネルの状態や,信号系列,ファクターグラフの規模などによって,大きく特性が変化する.本稿では,確率伝搬法を用いた信号検出のいくつかの例について述べ,収束特性や安定性を高める手法などについて紹介する. 
(英) Problems to detect multidimensional signals such as spatially-multiplexed signal detection in a MIMO system and equalization of a time-dispersive (frequency-selective) channel can be found generally in wireless communication areas. Recently, there have been many papers on belief propagation applied to such multidimensional signal detection. In belief propagation, reliability of variable nodes in a factor graph expressing the signal detection model is gradually increased through message passing between variable and factor nodes. Such iterative approaches always face to a discussion on convergence and stability. Actually, a convergence in loopy factor graph for MIMO signal detection is not guaranteed. The detection performance varies according to the channel condition, signal sequence, and size of factor graph. In this talk, we describe some application examples on multidimensional signal detection and briefly show several helpers for improvement on convergence and stability.
キーワード (和) 確率伝搬法 / MIMO信号検出 / 適応等化 / / / / /  
(英) Belief propagation / MIMO signal detection / Adaptive Equalization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 395, SIP2017-92, pp. 175-175, 2018年1月.
資料番号 SIP2017-92 
発行日 2018-01-15 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2018-01-22 - 2018-01-23 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sunport Hall Takamatsu 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2018-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率伝搬法による多次元信号検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multidimensional signal detection using belief propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率伝搬法 / Belief propagation  
キーワード(2)(和/英) MIMO信号検出 / MIMO signal detection  
キーワード(3)(和/英) 適応等化 / Adaptive Equalization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-22 17:45:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-IT2017-84,IEICE-SIP2017-92,IEICE-RCS2017-298 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 p.175 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-IT-2018-01-15,IEICE-SIP-2018-01-15,IEICE-RCS-2018-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会