電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 16:00
[依頼講演]近距離無線通信技術のCISTEM教育への応用 ~ 生体と機械の「同調」に向けて ~
中田一紀広島市大)・服部託夢北陸大)・恒松美輪子木原琢也広島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 広島県において,文部科学省・大学間連携共同教育推進事業「臨床情報医工学プログラム」が実施されている.その一環として,将来の医工連携やチーム医療を担う人材育成のための教育体系の確立に向けて,CISTEM(Clinical Information, Science, Technology, Engineering, Mathematics, and Medicine)教育に取り組んでいる.本発表では,通信・制御工学の観点から,医療器機や医療システムに求められる設計原理をロボットプラットフォームを活用した製作課題を通して学生に自発的に気づかせることで,問題意識の明確化や研究・開発に対する動機づけを促す試みについて紹介したい.特にここでは,近距離無線通信技術の「同期」の重要性とともに,人と人,人と機械との「同調」の重要性に焦点を当てて,これまでのケーススタディについて紹介したい.さらに,将来のCISTEM教育について展望を述べたい. 
(英) In Hiroshima Prefecture, an inter-university collaborative educational project of an interdisciplinary field: Clinical Informatics and Technology (the CIT program) has being implemented. As a part of the CIT program, we have been working on CISTEM (Clinical Information, Science, Technology, Engineering, Mathematics, and Medicine) education to establish a systematic educational curriculum for students (mainly undergraduate students) who will be responsible for medical engineering cooperation/collaboration in the future. In this presentation, from the viewpoint of communication and control engineering, we would like to introduce our attempt to enhance students' problem consciousness and motivation for research and development by making students voluntarily aware of design principles commonly required for medical instruments and medical systems through production tasks utilizing robotic platforms. In particular, we demonstrate our case studies by focusing on the significance of synchronization mechanism of short range wireless communications
and synchrony among humans and machines. Furthermore, we will show advanced directions of our CISTEM education.
キーワード (和) 臨床情報医工学 / CISTEM教育 / 近距離無線通信 / ロボットプラットフォーム / 同期機構 / 同調 / /  
(英) Clinical Informatics and Technology / CISTEM Education / Short Range Wireless Communications / Robotic Platforms / Synchronization Scheme / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 351, NS2017-143, pp. 91-96, 2017年12月.
資料番号 NS2017-143 
発行日 2017-12-07 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近距離無線通信技術のCISTEM教育への応用 
サブタイトル(和) 生体と機械の「同調」に向けて 
タイトル(英) Short Range Wireless Communication Technology and Their Applications to CISTEM Education 
サブタイトル(英) Towards Human-Human Synchrony and Human-Machine Synchrony 
キーワード(1)(和/英) 臨床情報医工学 / Clinical Informatics and Technology  
キーワード(2)(和/英) CISTEM教育 / CISTEM Education  
キーワード(3)(和/英) 近距離無線通信 / Short Range Wireless Communications  
キーワード(4)(和/英) ロボットプラットフォーム / Robotic Platforms  
キーワード(5)(和/英) 同期機構 / Synchronization Scheme  
キーワード(6)(和/英) 同調 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 一紀 / Kazuki Nakada / ナカダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 託夢 / Takumu Hattori / ハットリ タクム
第2著者 所属(和/英) 北陸大学 (略称: 北陸大)
Hokuriku University (略称: Hokuriku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 恒松 美輪子 / Miwako Tsunematsu / ツネマツ ミワコ
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木原 琢也 / Takuya Kihara / キハラ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-143 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会