電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-15 10:30
[依頼講演]5Gコアでのネットワークスライス実現について
臼井 健北辻佳憲KDDI総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,第5世代移動通信システム (5G) の研究開発や標準化が盛んに進められている。5Gでは利用特性がeMBB(Enhanced Mobile BroadBand)・URLCC(Ultra Reliable Low Latency)・mIoT(massive Internet of Thing)に大別されるとされ、それぞれ異なるネットワーク要件(性能や機能等)を移動通信システムに求めることが予想される。これらの異なるネットワーク要件に対応するため、3GPP(the 3rd Generation Partnership Project)は移動通信システムを効率的に実用化できるように,ネットワーク機能を仮想化してモバイルコアにネットワークスライスを導入することにした。3GPPでは、端末の契約変更などで接続するNWスライスが変更になることを考慮し、端末の接続時に関わる信号数を削減するような仕組みを検討した。本稿では、3GPPの標準化のスケジュールと議論されているモバイルコアの機能について紹介する。次に、5Gの最初の仕様としてまとめるRelease 15の中で議論されたネットワークスライスの概要について端末とモバイルコアの観点で紹介する。 
(英) Recently, the research and development, and standardization regarding the 5th generation mobile network (5G) have been actively discussed. In the 5G, the use cases are largely classified into eMBB (Enhanced Mobile BroadBand), URLCC (Ultra Reliable Low Latency), and mIoT (massive Internet of Thing). Then, the mobile system is expected to provide distinctly different requirements (e.g., performance, feature, and etc. The 3rd generation partnership project (3GPP) introduces a set of virtual network functions (so-called ‘network slice’) which enable a mobile core network to accommodate the dedicated sub-systems individually meeting these the different requirements in an effective manner. Their 5G specification also includes the mechanism to reduce the number of signaling in UE’s attachment procedures into the network slice, when the subscription of the UEs are changed. This paper introduces the schedule of the 5G standardization of the 3GPP and the feature related to the mobile core at first. Secondly, this paper introduces the architecture overview adopting the network slice realized in the mobile core network of 5G which has been standardized in Release 15 in the viewpoints of UE and mobile core network.
キーワード (和) 5G / モバイルコア / ネットワークスライス / ネットワークアーキテクチャ / ポリシー制御 / / /  
(英) 5G / Mobile core / Network slice / Network architecture / Policy control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 351, NS2017-134, pp. 43-46, 2017年12月.
資料番号 NS2017-134 
発行日 2017-12-07 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gコアでのネットワークスライス実現について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Realization of Network Slice in 5G Mobile Core 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) モバイルコア / Mobile core  
キーワード(3)(和/英) ネットワークスライス / Network slice  
キーワード(4)(和/英) ネットワークアーキテクチャ / Network architecture  
キーワード(5)(和/英) ポリシー制御 / Policy control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 健 / Takeshi Usui / ウスイ タケシ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総研)
KDDI Research inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北辻 佳憲 / Yoshinori Kitatsuji / キタツジ ヨシノリ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総研)
KDDI Research inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-15 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-134,IEICE-RCS2017-260 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.351(NS), no.352(RCS) 
ページ範囲 pp.43-46(NS), pp.55-58(RCS) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2017-12-07,IEICE-RCS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会