電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 15:10
論理ゲートを連続時間2値動作させて用いるrail-to-rail増幅回路の内部遅延を考慮した低雑音設計
鈴木博俊和田和千明大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) CMOSの微細化の恩恵をアナログ回路にももたらすべく,論理ゲートを連続時間2値動作させて用いる増幅回路が提案されている.従来回路で生じる内部の2つのパスの遅延差が出力雑音に影響をもたらすという問題を指摘し,遅延差を解消した回路構造の提案を行う.
またシミュレーションにて,その有効性を検証する. 
(英) Digital-Based Analog Amplifiers have been proposed for bringing the benefits by miniaturization of technology node to analog circuits.In this paper, it is revealed that delay difference between two paths of quantized inputs affects output as adding white noise and a new structure is proposed.Suppression of output noise on the proposed circuit is confirmed by simulation.
キーワード (和) 差動増幅回路 / 論理ゲート / 白色雑音 / / / / /  
(英) differential circuit / logic gate / white noise / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 343, CAS2017-80, pp. 85-89, 2017年12月.
資料番号 CAS2017-80 
発行日 2017-12-07 (CAS, ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICD CPSY CAS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) アートホテル石垣島 
開催地(英) Art Hotel Ishigakijima 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2017-12-ICD-CPSY-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 論理ゲートを連続時間2値動作させて用いるrail-to-rail増幅回路の内部遅延を考慮した低雑音設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Noise of Digital-Based Analog Rail-to-Rail Amplifier due to Internal Path Delays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動増幅回路 / differential circuit  
キーワード(2)(和/英) 論理ゲート / logic gate  
キーワード(3)(和/英) 白色雑音 / white noise  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博俊 / Hirotoshi Suzuki / スズキ ヒロトシ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji Universuty (略称: Meiji Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 和千 / Kazuyuki Wada / ワダ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji Universuty (略称: Meiji Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 15:10:00 
発表時間 120 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2017-80,IEICE-ICD2017-68,IEICE-CPSY2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.343(CAS), no.344(ICD), no.345(CPSY) 
ページ範囲 pp.85-89 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2017-12-07,IEICE-ICD-2017-12-07,IEICE-CPSY-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会