電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 15:10
可変キャパシタを用いた自動LC共振最適化機能を有するRFエネルギーハーベスティング回路の設計と評価
小野寺尚人染谷晃基イスラム マーフズル東大)・松永賢一森村浩季NTT)・高宮 真桜井貴康東大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 電池不要の無線センサシステムを実現する手段として,エネルギーハーベスティング技術が近年注目されている.エネルギー源として遠方界の電波を用いるRFエネルギーハーベスティングではアンテナからの微弱な交流電圧を十分に昇圧してから整流回路に入力することが肝要である.従来研究ではアンテナの内部インダクタンスと可変キャパシタによってLC共振を生じさせることで昇圧を行ったものがあるが,制御回路は集積化されておらず別電源によって駆動しており,無線センサシステム用途には不適であった.そこで本研究ではLC共振を自動で最適化する制御回路を持つエネルギーハーベスティング回路を考案してシミュレーションを行い,これを可変キャパシタとともに0.18µm CMOSプロセスにより集積化し、実測を行った. 
(英) Recently energy harvesting technology has attracted a lot of attention as a means to realize a wireless sensor system with no battery. In RF energy harvesting system, which utilize far field radio wave as an energy source, it is essential to boost the weak AC voltage from an antenna sufficiently, and input it to a rectifier circuit. In a conventional research, voltage boost is achieved using internal inductance of antenna and variable capacitor. However, since control circuit is not integrated in the chip and is driven by another power supply, it is unsuitable for wireless sensor system application. In this research, we newly designed and evaluated an RF energy harvesting circuit in 0.18 µm CMOS process that includes an on-chip digital controller for automatic LC-resonance-tuning.
キーワード (和) エネルギーハーベスティング / RF / / / / / /  
(英) Energy Harvesting / RF / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 344, ICD2017-85, pp. 139-139, 2017年12月.
資料番号 ICD2017-85 
発行日 2017-12-07 (CAS, ICD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICD CPSY CAS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) アートホテル石垣島 
開催地(英) Art Hotel Ishigakijima 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2017-12-ICD-CPSY-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変キャパシタを用いた自動LC共振最適化機能を有するRFエネルギーハーベスティング回路の設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of RF Energy Harvesting Circuit with Automatic LC Resonance Optimization Function Using Variable Capacitor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エネルギーハーベスティング / Energy Harvesting  
キーワード(2)(和/英) RF / RF  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 尚人 / Naoto Onodera / オノデラ ナオト
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 染谷 晃基 / Teruki Someya / ソメヤ テルキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) イスラム マーフズル / A. K. M. Mahfuzul Islam / イスラム マーフズル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 賢一 / Kenichi Matsunaga / マツナガ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) NTTデバイスイノベーションセンタ (略称: NTT)
NTT Device Innovation Center, NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森村 浩季 / Hiroki Morimura / サクライ タカヤス
第5著者 所属(和/英) NTTデバイスイノベーションセンタ (略称: NTT)
NTT Device Innovation Center, NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高宮 真 / Makoto Takamiya / タカミヤ マコト
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 桜井 貴康 / Takayasu Sakurai / サクライ タカヤス
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 15:10:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-CAS2017-97,IEICE-ICD2017-85,IEICE-CPSY2017-94 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.343(CAS), no.344(ICD), no.345(CPSY) 
ページ範囲 p.139 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-CAS-2017-12-07,IEICE-ICD-2017-12-07,IEICE-CPSY-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会