電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 14:20
[依頼講演]5Gの要求条件及びBeyond 5Gに向けた発展方向性
ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 3GPPでは,第5世代移動通信システム(5G)向けに新たな無線インタフェースの標準化が進められている.5Gの新たな無線インタフェース(NR: New Radio)の仕様検討に先立ち,3GPPでは5Gに求める要求条件や評価条件を規定した.また,ITU-Rでは,5Gの国際標準化を念頭に置き,IMT-2020と呼ばれる名称を新たに定義し,IMT-2020無線インタフェースの標準化に向けた作業を開始している.本稿では,ITU-RにおけるIMT-2020無線インタフェースの標準化の作業にかかわるこれまでの検討状況や,今後の予定について解説を行う.そして,3GPPで規定された5Gの要求条件との関連性及び違いについても解説する.最後に,今後の移動通信分野の長期的発展に向けて,”Beyond 5G”に向けた発展方向性について考察する. 
(英) Standardization of the new radio interface for fifth generation mobile communications systems (5G) is advancing at the 3GPP. Before starting discussions on the specifications of the 5G radio interface, the 3GPP defined the requirements and evaluation conditions for 5G. With international standardization of 5G in mind, ITU-R has set a new standard name called “IMT-2020”, and begun work on IMT-2020 radio interface standardization. This paper describes discussions leading up to this work and future plans. We also provide an explanation about the relationship and difference with IMT-2020 requirements and the 5G requirements defined by 3GPP. Finally, we share initial views on possible technical evolution directions toward “Beyond 5G” to ensure continuous evolution of mobile communications.
キーワード (和) 5G / IMT-2020 / 要求条件 / ITU-R / 3GPP / ビオンド / /  
(英) 5G / IMT-2020 / Requirements / ITU-R / 3GPP / Beyond / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 352, RCS2017-255, pp. 31-36, 2017年12月.
資料番号 RCS2017-255 
発行日 2017-12-07 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gの要求条件及びBeyond 5Gに向けた発展方向性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overview on 5G Requirements and Potential Evolution Directions Toward B5G 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) IMT-2020 / IMT-2020  
キーワード(3)(和/英) 要求条件 / Requirements  
キーワード(4)(和/英) ITU-R / ITU-R  
キーワード(5)(和/英) 3GPP / 3GPP  
キーワード(6)(和/英) ビオンド / Beyond  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ベンジャブール アナス / Anass Benjebbour /
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama /
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 14:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2017-129,IEICE-RCS2017-255 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.351(NS), no.352(RCS) 
ページ範囲 pp.19-24(NS), pp.31-36(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-12-07,IEICE-RCS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会