電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-12-14 14:50
[依頼講演]大容量衛星通信システムにおける周波数利用の柔軟性に関する評価モデル構築に向けた検討
川本雄一東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 被災地域への通信手段として耐災害性に優れる衛星通信システムが活用されている.近年,よりきめ細やかな災害対応が求められており衛星通信システムの大容量化が必要とされている.また,海域や空域でのブロードバンド化へのニーズを満たすためにも衛星通信システムの大容量化が期待されている.このような背景から,大容量通信を可能とするハイスループット衛星と呼ばれる衛星が登場している.しかし,ハイスループット衛星では通信容量は増大したものの通信リソースの利用方法には柔軟性がなく周波数利用効率が低いという大きな課題がある.そのため,次世代のハイスループット衛星は大容量かつ柔軟性に優れるシステムであることが求められている.現在,衛星通信システムの柔軟性を定量的に評価可能な評価方法は存在せず,衛星通信システムの柔軟性向上を阻害しているため,本研究では衛星通信システムの柔軟性向上を実現するための柔軟性評価方法の確立を目指す.本稿では衛星通信システムの柔軟性評価が可能なシステム解析モデルについて,概要や研究計画について述べる. 
(英) A satellite communication system excellent in disaster tolerance is utilized as a means of communication to affected areas. In recent years, since more precise disaster response is required, it is necessary to increase the capacity of the satellite communication system. Also, in order to satisfy the needs for broadband in the ocean and airspace, the capacity of the satellite communication system is expected to increase. Therefore, satellites called high-throughput satellites enabling high-capacity communication have appeared. However, although the communication capacity of high-throughput satellites has increased, there is a big problem that the utilization of communication resources is not flexible and the frequency utilization efficiency is low. Therefore, the next-generation high-throughput satellite is required to be a system with excellent capacity and flexibility. At present, there is no evaluation method that can quantitatively evaluate the flexibility of the satellite communication system, and it is obstructing improvement of the flexibility of the satellite communication system. Therefore, in this research, in order to realize improvement of the flexibility of the satellite communication system, we aim to establish the flexibility evaluation method. In this paper, we describe the outline and research plan of the system analysis model that can evaluate the flexibility of the satellite communication system.
キーワード (和) 衛星通信 / ハイスループット衛星 / 周波数フレキシビリティ / / / / /  
(英) Satellite communication / High Throughput Satellite / frequency flexibility / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 352, RCS2017-256, pp. 37-40, 2017年12月.
資料番号 RCS2017-256 
発行日 2017-12-07 (NS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2017-12-14 - 2017-12-15 
開催地(和) 広島アステールプラザ 
開催地(英) Aster Plaza 
テーマ(和) マルチホップ/リレー/協調,耐災害無線ネットワーク,センサ・メッシュネットワーク,アドホックネットワーク,D2D・M2M,無線ネットワークコーディング,ハンドオーバ/AP切替/接続セル制御/基地局間負荷分散/モバイルNW動的再構成,QoS・QoE保証/無線VoIP,一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-12-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大容量衛星通信システムにおける周波数利用の柔軟性に関する評価モデル構築に向けた検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Construction of Analysis Model for Frequency Flexibility in High Throughput Satellite Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communication  
キーワード(2)(和/英) ハイスループット衛星 / High Throughput Satellite  
キーワード(3)(和/英) 周波数フレキシビリティ / frequency flexibility  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 雄一 / Yuichi Kawamoto / カワモト ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-12-14 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-NS2017-130,IEICE-RCS2017-256 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.351(NS), no.352(RCS) 
ページ範囲 pp.25-28(NS), pp.37-40(RCS) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2017-12-07,IEICE-RCS-2017-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会