電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 10:25
高アンテナ高スポットビームアンテナによるエリア評価
中野雅之KDDI総合研究所)・○今村 天新井宏之横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 携帯端末の通信量の増加に伴った基地局数の増加によって基地局アンテナ設置場所の逼迫が問題視されている.そこで本稿では,一つの基地局から複数方向に指向性を向けることによって,幅広いエリアへの照射が可能であるマルチビームアンテナを想定し,指向性のチルト角とビーム幅をパラメータとしてサービスエリアを分割する手法について検討する.解析には送信点から観測点までを幾何学的にトレースすることで電波伝搬を推定できるレイトレース法を用い,次世代移動体通信システムに有効な指向性構成とエリア分割案を提案する. 
(英) Due to the rapid increase in communication traffic of mobile terminals, it is difficult to find the base station antenna installation location. In this report, we examine multi-beam antennas to find optimum service area segmentation by changing beam tilt angle and beam width. We use the ray tracing method to estimate radio wave propagation performance. We present antenna beam parameters and area division plans which are effective for the next generation mobile communication system.
キーワード (和) アダプティブアンテナ / 等化 / 基地局 / エリア分割 / レイトレース / 無線通信 / 干渉キャンセラ /  
(英) Antenna / Spot beam / Base station / Area evaluation / Ray trace method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 283, AP2017-136, pp. 157-160, 2017年11月.
資料番号 AP2017-136 
発行日 2017-11-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高アンテナ高スポットビームアンテナによるエリア評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Area Evaluation by Spot Beam Antenna on the high position 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアンテナ / Antenna  
キーワード(2)(和/英) 等化 / Spot beam  
キーワード(3)(和/英) 基地局 / Base station  
キーワード(4)(和/英) エリア分割 / Area evaluation  
キーワード(5)(和/英) レイトレース / Ray trace method  
キーワード(6)(和/英) 無線通信 /  
キーワード(7)(和/英) 干渉キャンセラ /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 雅之 / Masayuki Nakano / ナカノ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research, Inc)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 天 / Sora Imamura / イマムラ ソラ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Natl. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-136 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.157-160 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会