電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 13:30
OAM通信用ループアレイの端子方位制御による干渉波抑制効果の解析
大塚啓人山岸遼平斉藤 昭石川 亮本城和彦電通大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 電磁界の軌道角運動量(OAM)の直交性を活用し多重化を行うOAM通信は,通信における新たな通信多重化の次元を提供するものとして近年注目されている.ここでは4素子ループアンテナアレイを用いた4値多重OAM通信に関して,アンテナ端子間の相対的方位を制御した場合の端子電流の解析を行い,端子方位を制御することで干渉波が抑制されることを,導いた解析式の数値計算から定量的に示す.更に4素子ループアンテナアレイを試作し,実測でも端子方位制御が有効なことを実証する.近距離OAM通信性能評価では,周波数5.3GHz,距離1cmでの実測通過アイソレーションは23.6dBとなり,端子方位がすべて等しい場合と比べ9.2dBの改善が得られた.また遠距離OAM通信性能評価では,半径60cm,焦点距離43cmのパラボロイドを用い,通信距離125cmで実測通過アイソレーションが13.5dBとなり2.7dBの改善が得られた. 
(英) Orbital-Angular-Momentum(OAM) is attracting attention in terms of a novel multiplexing method. Multiplexing in OAM communication exploits orthogonality of the OAM wave which is a electromagnetic field possessing OAM. Induced currents for multiple expansion orders are analyzed with generalized Z-matrices, and optimum combinations for the port azimuths are found for short- and long-range OAM communication. Four-value multiplexing characteristics are estimated by simulation and measurement with loop arrays for port azimuths customized for short-range communication. The simulated and measured transmission isolations were more than 25.4dB and 23.6dB, respectively, for the distance of 10mm between the transmitting and receiving arrays. The measured isolation is as much as 9.2dB higher than the conventional arrays for identical port azimuths. With paraboloids and arrays optimized for long-range communication, 4-value multiplexing communication characteristics for a long range were estimated. The simulated and measured transmission isolations were more than 16.7dB and 13.5dB, respectively, for the distance of 125cm between the transmitting and receiving arrays.
キーワード (和) ループアンテナ / 軌道角運動量 / 多重化 / / / / /  
(英) Loop antenna / Orbital Angular Momentum / Multiplexing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 291, MW2017-137, pp. 139-144, 2017年11月.
資料番号 MW2017-137 
発行日 2017-11-02 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-11-09 - 2017-11-10 
開催地(和) 宮古島マリンターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Marin Terminal Bldg. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OAM通信用ループアレイの端子方位制御による干渉波抑制効果の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on Interference Wave Suppression Effect with Port Azimuths Control of Loop Antenna Array for OAM Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ループアンテナ / Loop antenna  
キーワード(2)(和/英) 軌道角運動量 / Orbital Angular Momentum  
キーワード(3)(和/英) 多重化 / Multiplexing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 啓人 / Hiroto Otsuka / オオツカ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 遼平 / Ryohei Yamagishi / ヤマギシ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 昭 / Akira Saitou / サイトウ アキラ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 亮 / Ryo Ishikawa / イシカワ リョウ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 本城 和彦 / Kazuhiko Honjo / ホンジョウ カズヒコ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-137 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会