電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 15:25
[依頼講演]要素技術連携を前提とした無線システムの効率化について
前原文明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 最近の無線システム技術は,要素技術が複雑に絡み合った状態で成り立っていることから,各要素技術の高度化だけでなく,それを通信路容量などの共通的な尺度に写像したり,同様の目的を有する信号処理を見出して,効率的に連携させるアプローチが重要と思われる.また,要素技術の入力情報として,無線レイヤの情報だけでなく,位置情報などのアプリケーション情報を有効に活用し,システムの簡易化を図ることも興味深い.本講演では,このような問題意識に基づき本研究室で進めてきた,いくつかの研究事例を紹介する.具体的には,マルチユーザMIMOとスケジューラとの連携やプローブカーにおける位置情報を用いた基地局間協調に関する検討結果について主に紹介する. 
(英) Recent wireless systems are developed as a complicated blend of various elemental technologies and therefore, it is important to efficiently coordinate these technologies by using common measure such as channel capacity or by finding common signal processing among different technologies. Moreover, it is meaningful to try to utilize information of application layer as the input of each elemental technology with the aim of simplifying overall system, in addition to information of physical layer. In this lecture, some examples of our research based on an awareness of above issues are introduced such as the efficient combination of multiuser MIMO and user scheduling and the simple CoMP employing position information for probe car system.
キーワード (和) 無線システム / 要素技術 / マルチユーザMIMO / スケジューリング / 基地局間協調 / / /  
(英) wireless systems / elemental technology / multiuser MIMO / user scheduling / coordinated multipoint / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-246, pp. 235-235, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-246 
発行日 2017-11-01 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 要素技術連携を前提とした無線システムの効率化について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Improving Efficiency in Wireless Systems Based on the Coordination of Elemental Technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線システム / wireless systems  
キーワード(2)(和/英) 要素技術 / elemental technology  
キーワード(3)(和/英) マルチユーザMIMO / multiuser MIMO  
キーワード(4)(和/英) スケジューリング / user scheduling  
キーワード(5)(和/英) 基地局間協調 / coordinated multipoint  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2017-142,IEICE-RCS2017-246 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283(AP), no.284(RCS) 
ページ範囲 p.187(AP), p.235(RCS) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01,IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会