電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 11:15
複数サイクリック相関を用いた所望波の到来方向推定法の性能改善
神谷悠太菊間信良榊原久二男名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ディジタル変調信号の周期定常性に基づくサイクリック相関を用いた到来方向推定法(Cyclic 法) は,所望波のみの到来方向(DOA)の推定が可能である.しかし,有限スナップショットでのCyclic 法による到来方向推定では,アレー入力ベクトルの相関行列に残留する干渉波成分がDOA 推定精度に悪影響を及ぼす.そのため,Cyclic 法の一つであるNS (Noise Subspace) Cyclic ESPRIT に,一般固有値展開(GEVD)と適応型空間平均法(ASSP)を組み込むことで残留干渉波成分の影響を低減する手法などが提案された.本研究では,この手法に複数サイクリック相関(MCC)を導入し,Cyclic 法の更なる推定性能改善について検討を行った.計算機シミュレーションによる検討の結果,DOA推定性能が十分に改善されることを確認した. 
(英) The cyclic method performs the direction-of-arrival (DOA) estimation of the desired waves by using cyclic correlations based on the cyclostationarity of digital-modulation signals.However, when DOA estimation is carried out by cyclic method with a finite number of snapshots, interference components remaining in the cyclic correlation matrix of array input may have some deleterious effect on DOA estimation accuracy. Therefore, NS (Noise Subspace) Cyclic ESPRIT incorporating the general eigenvalue decomposition (GEVD) and adaptive spatial smoothing processing (ASSP) was proposed to reduce the influence of residual interference components. In this paper, we introduce multiple cyclic correlations (MCC) into the NS Cyclic ESPRIT and investigate the performance improvement of cyclic method. As a result of computer simulation, it has been demonstrated that DOA estimation performance of the proposed method is significantly improved.
キーワード (和) アレーアンテナ / 到来方向推定 / サイクリック相関 / 一般固有値展開 / 適応型空間平均法 / / /  
(英) Array antenna / DOA estimation / Cyclic correlation / General eigenvalue decomposition / Adaptive spatial smoothing processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 283, AP2017-138, pp. 167-172, 2017年11月.
資料番号 AP2017-138 
発行日 2017-11-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数サイクリック相関を用いた所望波の到来方向推定法の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of DOA Estimation of Desired Signals Using Multiple Cyclic Correlations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(2)(和/英) 到来方向推定 / DOA estimation  
キーワード(3)(和/英) サイクリック相関 / Cyclic correlation  
キーワード(4)(和/英) 一般固有値展開 / General eigenvalue decomposition  
キーワード(5)(和/英) 適応型空間平均法 / Adaptive spatial smoothing processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 悠太 / Yuta Kamiya / カミヤ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-138 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.167-172 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会