電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 09:50
乗用車室内UWB電波伝搬特性の実測と解析
松井研輔中川雄太金森勝美木村恒人國立忠秀矢崎総業)・小林岳彦東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,車両への無線端末の搭載が加速している.無線LAN等の狭帯域無線では,金属導体で囲まれた車両内でのマルチパスフェージングの影響が大きいため,マージンを多く必要とする.そこで,狭帯域無線と比べて受信電力の空間的変動が小さい超広帯域無線,すなわちUWB無線の利用が考えられる.本報告では,実験車両車室内において送信位置を固定し,受信位置を車室内の約4,500か所としたときのUWB信号(7.25~10.25 GHz)電波伝搬特性を測定し,受信位置毎の伝搬利得と遅延プロファイルを取得した.また,これらの測定結果をチャネル情報として取り込んだ乗用車室内における直接拡散方式UWB無線通信の伝送シミュレーションを行い,受信位置毎のBERを評価したので,電波伝搬測定結果と共に報告する. 
(英) In the last years there has been a growing demand for wireless links in vehicles. Narrowband systems, such as conventional wireless LANs, however, suffer from multipath fading in metal-enclosed environments and thus need a substantial amount of fading margin. Ultra wide-band (UWB) signals are expected to suffer less from multipath fading. In this paper, frequency-domain responses (from 7.25 to 10.25 GHz) of about 4,500 points within a compartment were measured with a vector network analyzer. Spatial distributions of UWB path gain, delay profiles, and delay spreads were derived from those responses. Bit error rate (BER) performance of the wireless communication applied a combination of UWB and direct-sequence spread spectrum (DSSS) within a passenger-car was evaluated through simulation using these measurement data.
キーワード (和) UWB / 車内 / マルチパスフェージング / 直接拡散 / / / /  
(英) UWB / intra-vehicle / multipath fading / DSSS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 283, AP2017-135, pp. 151-156, 2017年11月.
資料番号 AP2017-135 
発行日 2017-11-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 乗用車室内UWB電波伝搬特性の実測と解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurements and Analysis of Ultra-Wideband Propagation Channels within Passenger Cars 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(2)(和/英) 車内 / intra-vehicle  
キーワード(3)(和/英) マルチパスフェージング / multipath fading  
キーワード(4)(和/英) 直接拡散 / DSSS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 研輔 / kensuke Matsui /
第1著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社技術研究所 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI Research and Technology Center, YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雄太 / Yuta Nakagawa /
第2著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社技術研究所 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI Research and Technology Center, YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 勝美 / Katsumi Kanamori /
第3著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社技術研究所 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI Research and Technology Center, YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 恒人 / Tsuneto Kimura /
第4著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社技術研究所 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI Research and Technology Center, YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 國立 忠秀 / Tadahide Kunitachi /
第5著者 所属(和/英) 矢崎総業株式会社技術研究所 (略称: 矢崎総業)
YAZAKI Research and Technology Center, YAZAKI CORPORATION (略称: YAZAKI Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi /
第6著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-135 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会