電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-10 10:50
超直交畳み込み符号化MIMO-OFDMに基づく上りリンク非直交アクセス方式における適応符号化
堀 勇太落合秀樹横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数利用効率を犠牲にすることなく低遅延・高信頼な通信を実現するためには簡易かつ低レートな通信路符号化と非直交マルチアクセスの組み合わせが有効である.非直交マルチアクセス方式をセルラネットワークで用いる場合,各ユーザが基地局からの距離によって異なるパスロスを受けることに起因する遠近効果によってセル端ユーザの特性が大きく劣化することが問題となる.本研究では低レートな畳み込み符号の一種である超直交畳み込み符号 (SOCC) を用いた MIMO-OFDM に基づく上りリンク非直交マルチアクセス方式において各ユーザの符号化率を適応的に変化させ遠近効果に耐性を持たせることで,直交マルチアクセス方式よりも信頼性および周波数利用効率において優れた特性をもつことを示す. 
(英) The combination of low-rate channel coding with simple decoder and non-orthogonal multiple access is promising in order to simultaneously achieve low latency and high reliability without sacrificing spectral efficiency. When the non-orthogonal multiple access scheme is employed in the uplink of a cellular network in which each user is subject to different propagation loss depending on its distance from the base station (BS), the error rate performance of the user located far from the BS is significantly degraded due to strong interference by the user closer to the BS. In this paper, we consider an uplink non-orthogonal multiple access scheme based on MIMO-OFDM with super-orthogonal convolutional code (SOCC) which is a class of low-rate convolutional code, and propose an adaptive coding algorithm that assigns suitable constraint length to each user in order to improve the performance of the users located in the cell edge. Numerical results demonstrate that our system with the proposed algorithm outperforms the conventional orthogonal multiple access scheme in terms of reliability and spectral efficiency.
キーワード (和) 上りリンク非直交マルチアクセス / 超直交畳み込み符号 / 適応符号化 / / / / /  
(英) uplink non-orthogonal multiple access / super-orthogonal convolutional code / adaptive coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-241, pp. 209-214, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-241 
発行日 2017-11-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超直交畳み込み符号化MIMO-OFDMに基づく上りリンク非直交アクセス方式における適応符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Coding for Uplink Non-Orthogonal Multiple Access based on MIMO-OFDM with Super-Orthogonal Convolutional Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 上りリンク非直交マルチアクセス / uplink non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) 超直交畳み込み符号 / super-orthogonal convolutional code  
キーワード(3)(和/英) 適応符号化 / adaptive coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 勇太 / Yuta Hori / ホリ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-10 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-241 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会