電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 13:00
[ポスター講演]調とリズムを考慮した階層隠れセミマルコフモデルに基づく歌声の自動採譜
錦見 亮京大/理研)・中村栄太京大)・後藤真孝産総研)・糸山克寿吉井和佳京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では歌声F0軌跡から音楽的に自然な音符系列を推定する統計的手法を示す.歌声の発音時刻やF0は楽譜に示されたビート時刻や音符の音高からの大きな逸脱を含むため,歌声F0軌跡の時間・周波数方向への離散化による音符推定の精度を向上するためには,楽譜の音楽的な自然さを表現する楽譜モデルが重要である.我々は調とリズムに依存する音符の音高を表現する楽譜モデルと楽譜 (音符系列) から時間・周波数方向に逸脱する歌声F0軌跡を表現するF0モデルとを統合した階層隠れセミマルコフモデル (HHSMM: hierarchical hidden semi-Markov model) を提案する.楽譜モデルでは,確率的に生成された調に従って音符の音高が生成される.さらに,音符の開始位置はビートの$1$次元格子上に定義されたマルコフ過程に従って生成される.F0モデルでは,歌声の発音時刻の時間方向の逸脱,音符間におけるF0の滑らかな遷移,F0の周波数方向の逸脱が確率的に生成され,楽譜に付与される.提案法では,楽譜モデルとF0モデルが音符推定に与える影響を考慮しながら,入力の歌声F0軌跡から尤もらしい音符系列を推定する.実験結果から調やリズムを考慮しない場合と比較して,提案法による音符系列の推定精度が向上することを示した. 
(英)
キーワード (和) 歌声 / 自動採譜 / 階層隠れセミマルコフモデル / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 293, IBISML2017-54, pp. 147-153, 2017年11月.
資料番号 IBISML2017-54 
発行日 2017-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017) 
テーマ(英) Information-Based Induction Science Workshop (IBIS2017) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2017-11-IBISML 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 調とリズムを考慮した階層隠れセミマルコフモデルに基づく歌声の自動採譜 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歌声 /  
キーワード(2)(和/英) 自動採譜 /  
キーワード(3)(和/英) 階層隠れセミマルコフモデル /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 錦見 亮 / / ニシキミ リョウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学/理化学研究所 (略称: 京大/理研)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 栄太 / / ナカムラ エイタ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 真孝 / / ゴトウ マサタカ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 糸山 克寿 / / イトヤマ カツトシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉井 和佳 / / ヨシイ カズヨシ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 13:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2017-54 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.293 
ページ範囲 pp.147-153 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会